逍遥散のことなら家庭の中医学。逍遥散の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  逍遥散 中医学処方解説 ショウヨウサン
逍遥散エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 逍遥散
 

「逍遥散」は、中国の漢方書「和剤局方」に収載されている薬方です。
更年期障害、月経不順、月経困難、血の道症に効果があります。


日本漢方の効能・・・冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  逍遥散 処方構成
当帰茯苓芍薬白朮柴胡各3.0
甘草2.0
生姜薄荷各1.0

  逍遥散 中医学解説
【効能】 疏肝解欝、健脾補血、調経、清熱涼血
【適応症】 ゆううつ感、いらいら、胸脇痛・寒くなったり熱くなったりする・めまい・頭痛・口や喉の乾燥感・月経不順・経血量が少ない・乳房がはって痛む・食欲がない・疲れ易い・脈が弦で無力など。
【類方比較】 加味逍遥散:逍遥散に牡丹皮と山梔子を加味した処方
【解説】

逍遥散は、肝気鬱結・血虚・脾失健運が混在し、因果関係をもった病態に用います。疏肝解欝の柴胡が主薬で、欝滞した肝気を疏通し条達させ、少量の薄荷が疏散条達の効能を強めます。養血活血の当帰と養血斂陰の白芍は、肝の陰血を補充して柔肝し疏泄を調整する。健脾の白朮・茯苓・甘草と温める生姜は、脾気を高め運化を良くし肝血の生成を促します。肝気を調整して脾に乗じないようにし、脾をすこやかにし肝に乗じられないように防止します。

【使用目標】  
【治療の現場から】 肝欝が強ければ、香蘇散を合方します。
食欲不振が強ければ、半夏厚朴湯平胃散などを合方します。
血虚が強ければ、四物湯杞菊地黄丸を合方します。
気虚が明らかであれば、六君子湯参苓白朮散を合方します。
便秘があれば、麻子仁丸を合方します。
生理痛があれば、五積散桂枝茯苓丸など合方します。

気血両虚の肝気鬱結。精神的緊張や情緒変動とともに発生する、腹痛・下痢・腹鳴に使用します
逍遥散 心窩部から季肋部にかけて軽い苦満感を訴え、抵抗圧痛があります。

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 自律神経失調症・更年期症候群・神経性胃炎・胃十二指腸潰瘍・慢性胃炎・慢性胃炎・肝硬変の初期・慢性乳腺炎・月経不順・月経困難症・月経前症候群・乳腺炎・過敏性腸症候群・神経性下痢症・膀胱神経症・慢性膀胱炎などで肝気鬱結・気血両虚を示すものに使用します。

逍遥散の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.