半夏厚朴湯のことなら家庭の中医学。半夏厚朴湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  半夏厚朴湯 中医学処方解説 ハンゲコウボクトウ
半夏厚朴湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 半夏厚朴湯
 

「半夏厚朴湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『傷寒論[ショウカンロン]』『金匱要略[キンキヨウリャク]』の婦人雑病篇に収載されている薬方です。


日本漢方の効能・・・気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:神経性胃炎、不安神経症、つわり、せき、しわがれ声

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  半夏厚朴湯 処方構成
半夏6.0
茯苓5.0
生姜4.0
厚朴3.0
蘇葉2.0

  半夏厚朴湯 中医学解説
【効能】 理気降逆・化痰散結
【適応症】 悪心・嘔吐・吃逆に上腹部膨満感やつかえなどの気滞の症状をともなう痰飲による胃気上逆に使用します。舌苔は白膩・脈は滑。
咳嗽・白色の喀痰・咽喉部の刺激感・嗄声・胸部が脹って苦しいなどの症状で、甚しければ呼吸困難あるいは喘息様発作をともなう痰湿による肺気逆に使用します。軽度の浮腫を生じることもあります。舌苔は白膩・脈は滑。また、
食事などの嚥下に障害がなく、 咽に梗塞感があり吐いても出ずのみこんでもとれない梅核気(痰気欝結)の症状に使用します。舌苔は白~白膩・脈は滑。
【類方比較】 半夏瀉心湯:心窩部のつかえ(心下痞硬)で梅核気はありません。
加味逍遥散:不定愁訴で症状多彩ですが、肩こりや腹満、寒熱交錯などが多く、咽中炙臠の訴えはほとんどありません時に使用します。
小半夏加茯苓湯:胃内停水が主で嘔吐や悪心が強い場合に用います。
苓桂朮甘湯:眩暈、動悸、胃内停水を主徴とします。
【解説】

半夏・生姜・紫蘇葉は、鎮嘔、制吐の作用が強く、また胃腸の境動を調整します(和胃降逆)。

痰の抑制、鎮咳にも働き(化痰止咳)、厚朴は平滑筋のけいれんを緩解し蟻動を強め、呼吸困難、喘鳴を止め腹部膨満を除きます(理気)。

厚朴・紫蘇葉は、ゆううつ感、抑うつ感を緩解し、自律神経系の緊張をゆるめます(理気解欝)。

茯苓は、組織内や消化管内の水分を血中に吸収し利尿によって除き(利水)、また半夏とともに鎮静に働きます。

【治療の現場から】

精神症状や自律神経系の症候が強ければ、加味逍遥散柴胡桂枝湯大柴胡湯などを合方します。
気管支炎・気管支喘息などで炎症傾向があれば、小柴胡湯などを合方します。

半夏厚朴湯 悪心、嘔吐食欲不振、全身倦怠などを伴う
心窩部の振水音を認める
腹部膨満感

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 燥性が強いので、痰飲・痰湿の症候を呈するもの以外には注意が必要です。特に陰虚には禁忌です。
【臨床応用】 神経性胃炎・胃炎・気管支炎・気管支喘息・咽喉炎・声帯浮腫・神経性嘔吐・妊娠嘔吐・咽部神経症・ヒステリーなどで、痰飲・痰湿による気逆あるいは痰気欝結を呈するものに使用します。

半夏厚朴湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.