中医生薬解説
 
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
当サイトのコンテンツを複製した運営サイトおよびブログが多々ございます。
当サイトのコンテンツは、当サイトが保有しており、著作権法で保護されております。
当サイトの許可なく複製したり、内容を変更しての2次利用などはしないでください。
 
生薬解説の画像のコピー・無断掲載は固くお断り申し上げます。生薬画像は、一部株式会社ツムラ様より使用許可を受けて使用しております。
 
 
サイト内で解説している生薬は当サイトでは販売しておりません。
 
 
  中医生薬解説

ア行 カ行 サ行 タ行
ナ行 ハ行 マ行 ヤ行
ラ行 ワ行    
   
1 薬効分類
 
解表剤 瀉下剤
清熱剤 温裏剤
補益剤 消散剤
理気剤 その他
2 煎じ方
  「容器はどびんが一番です。なければアルマイトでも結構ですが、鉄瓶はだめです。1日分の薬草を入れて50cc~600ccの水を注ぎ、40~50分火にかけて、半量に煮つめます。火からおろしたら、茶こしやガーゼなどで、かすをこします。1日分を二、三回に分けて、温かくして服用します。

【簡単な自動煎じ器もあります】
ウチダの煎じ器漢方などをやかんなどで煎じるのは、吹きこぼれを心配しなければいけないなど、割と手間なものです。ウチダの自動煎じ器「煎治」は、吹きこぼれ軽減機能付きの茶こしや沸騰調節ツマミ付きで、簡単に煎じることができます。 もちろんタイマー付きですから、空焚きすることもありません。

3 服用法
  1日分を二、三回に分けて、温かくして服用します。
ただし、嘔吐、喀血の時は冷たいものを少しずつ服用します。
子供に服用させる時の目安は、下記の通りです。では、成人の四分の一
六歳では、成人の三分の一
十歳では、成人の二分の一
4 生薬保存法
  「生薬の取り扱いで最も困ることは、貯蔵中に虫・カビ・鼠害を受けることと、腐敗変質して用を足さないことです。

貯蔵場所 直射日光の当たらない、風通しの良い乾燥した場所が理想的です。容器 紙袋・ガラス瓶・木箱を用います。虫の発生した時火熱を加えて良いものは、ほうろくの類で、直火であぶって殺します。卵も同時に死にます。。

火熱できないものは、四塩化炭素を用いて殺します。

殺虫方法は、薬を大きい広口瓶に八分目くらい入れて、そのうえに皿を置き、更にそのうえにさかずきを載せ、さかずきに綿花を適当量入れ、その綿花に四塩化炭素を注ぎます。このようにしてふたをかぶせて密閉して一晩放置します。翌日薬を取り出して充分に風邪を通して乾燥します。これを、一週間後にもう一度行います。

理由は、卵は死にませんので、孵化したものを再度殺虫する必要があるからです。

四塩化炭素は、医薬用外劇物の扱いです。毒劇物を取り扱っている薬局へ行き、はんこを持参して購入ください。また、未成年者は購入できません。
                                           
                  
   
   
   
                
   
   

Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.