カンゾウ・・甘草のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
カンゾウ・・甘草中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
当サイトのコンテンツを複製した運営サイトおよびブログが多々ございます。
当サイトのコンテンツは、当サイトが保有しており、著作権法で保護されております。
当サイトの許可なく複製したり、内容を変更しての2次利用などはしないでください。
 

 カンゾウ・・甘草

カンゾウ・・甘草

  カンゾウ・・甘草  
カンゾウ・・甘草
【基 原】
ウラルカンゾウGlycyrrhiza uralensis Fischer、ナンキンカンゾウGlycyrrhiza glabra L.など、またはその他マメ科植物(Leguminosae)の根および匍匐茎(ほふくけい)で、皮付甘草はそのまま、皮去り甘草は周皮を除いたものの乾燥品。甘草の種類を大別して、東北甘草、西北甘草、新彊甘草と称している。東北甘草の原植物をウラルカンゾウG.uralensisとし日本でよく使われる。西北甘草はナンキンカンゾウG.glabraで皮去り甘草に製せられ、新彊甘草はカンゾウG.glabla L.、またはシナカンゾウG.echinata L. とする


カンゾウ・・甘草
【出典】 神農本草経 上品
【別名】 国老(コクロウ)
【成分】 甘味成分のグリチルリチン(glycyrrhizin)、グリチルレチン酸(glycyrrhetic acid)やリキュリチン(liquiritin)、イソリキュリチン(isoliquiritin)、リコフラボン(licoflavone)など
【効能】 鎮痙、鎮咳、抗炎症、潰瘍修復、抗アレルギー作用
【薬理作用】 補脾益気・清熱解毒・潤肺止咳
glycyrrhizinの分解産物は生体の肝臓で有害産物と結合して解毒する。又gly-cyrrhizinは抗アレルギー作用があり皮膚科領域で応用されている。近年甘草エキス、gl-ycyrrhizin及びおその分解物には抗炎症作用、副腎皮質ホルモン様作用の有ることが明らかにされた。又glycyrrhizinの誘導体には抗潰瘍作用が見いだされた。甘草の鎮痙作用はそのフラボノイド成分にある。その他甘草エキスには鎮咳作用、免疫抑制作用等も報告される。
【臨床応用】 緩和、緩解、鎮咳、鎮痛、去痰薬として筋肉の急激な緊張による疼痛等の急迫症状を緩
解。胃痙攣、胃痛、咽喉痛、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、等にも対応する。
また、グリチルリチンの製造原料として需要が多く、菓子類や醤油の矯味原料ともされる。
【性味】 味は甘、性は平
【帰経】 十二経
【処方】 安中散、胃苓湯、温経湯、越婢加朮湯、黄耆建中湯、黄連湯、乙字湯、葛根湯、葛根湯加川芎辛夷、加味帰脾湯、加味逍遙散、甘麦大棗湯、桔梗湯、帰脾湯、芎帰膠艾湯、荊芥連翹湯、桂枝加芍薬湯、桂枝加芍薬大黄湯、桂枝加朮附湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、桂枝湯、桂枝人参湯、啓脾湯、香蘇散、五虎湯、五積散、五淋散、柴陥湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝湯、柴胡桂枝乾姜湯、柴胡清肝湯、柴朴湯、柴苓湯、酸棗仁湯、滋陰降火湯、滋陰至宝湯、四逆散、四君子湯、芍薬甘草湯、十全大補湯、十味敗毒湯、潤腸湯、小建中湯、小柴胡湯、小柴胡湯加桔梗石膏、小青竜湯、升麻葛根湯、消風散、参蘇飲、神秘湯、清上防風湯、清暑益気湯、清心蓮子飲、清肺湯、川芎茶調散、疎経活血湯、大黄甘草湯、大防風湯、竹茹温胆湯、治頭瘡一方、治打撲一方、調胃承気湯、釣藤散、通導散、桃核承気湯、当帰飲子、当帰建中湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、当帰湯、二陳湯、二朮湯、女神散、人参湯、人参養栄湯、排膿散及湯、麦門冬湯、半夏瀉心湯、白虎加人参湯、平胃散、防已黄耆湯、防風通聖散、補中益気湯、麻黄湯、麻杏甘石湯、麻杏薏甘湯、薏苡仁湯、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、六君子湯、立効散、竜胆瀉肝湯、苓甘姜味辛夏仁湯、苓姜朮甘湯、苓桂朮甘湯
【用量】 3~6g
【使用上の注意】 腹部膨満感・嘔吐・浮腫などの症状がある場合。長期に甘草単味を服用すると、水腫・高血圧などの副作用が生じる。
【産地】 中国、ロシア、アフガニスタンなど

甘草のことならナガエ薬局
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.