平胃散のことなら家庭の中医学。平胃散の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  平胃散 中医学処方解説 ヘイイサン
平胃散エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 平胃散
 

「平胃散」は、中国の漢方医学書「和剤局方」に漢方健胃薬として収載されている薬方です。食べ過ぎ、飲み過ぎて食べたものがいつまでも胃に滞り、腹がはる、腹が鳴る、胃が重苦しい、ゲップがでる、食欲がない、又下痢をおこしたりといった症状を訴える人に用います。


日本漢方の効能・・・胃がもたれて消化不良の傾向のある次の諸症:急・慢性胃カタル、 胃アトニー、消化不良、食欲不振

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  平胃散 処方構成
蒼朮4.0
厚朴陳皮各3.0
大棗生姜各2.0
甘草1.0

  平胃散 中医学解説
【効能】 理気化湿、和胃
【適応症】 上腹部膨満感・胃部が痞える・食べたくない・味が無い・口が粘るなどの症状で悪心・嘔吐・呑酸・四肢が重だるい・眠くて横になって痛い・泥状便~下痢傾向をともなうことが多い脾とに用います。舌苔は白膩で厚・脈は軟緩
【類方比較】 胃苓湯:平胃散に五苓散を合方した処方
【解説】

燥湿運脾により困阻された脾陽を振奮させます。苦温燥湿の蒼朮が主薬で、大量に使用して湿邪を除き運脾します。

厚朴は行気化湿・消脹除満に、陳皮は理気化湿に働き、蒼朮を補助します。三薬ともに芳香を有し、醒脾調中にも作用します。

甘草・生姜・大棗は脾胃を調和し胃気を和降させ、燥湿の蒼朮・厚朴・陳皮で湿邪を除き気機を通じさせ、大棗・生姜・甘草で脾胃を調和させます。

【治療の現場から】 にきびなどで湿熱があれば、黄連解毒湯を合方します。
痰湿が強ければ二陳湯を合方します。
肝欝が強ければ、小柴胡湯などを合方します。
平胃散 心窩部不快感・副膨満感

食欲不振・食後の腹中雷鳴・下痢

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 急性胃腸炎・胃カタル・胃腸神経症・急性消化不良症などで、湿困脾胃を呈するもの

平胃散の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.