四物湯のことなら家庭の中医学。四物湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
四物湯 中医学処方解説 シモツトウ
四物湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 四物湯
 

「四物湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『太平恵民和剤局方[タイヘイケイミンワザイキョクホウ]』に収載された薬方で、婦人疾患、血虚などに広く使われてきました。血行不良や貧血の傾向があり、皮膚がさかさし、つやの悪い人の諸症に用い、血の道症、月経不順、産後あるいは流産後の疲労回復、冷え症やしもやけ、しみなどに効果があります。


日本漢方の効能・・・皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の次の諸症:産後あるいは流産後の疲労回復、月経不順、冷え症、しもやけ、しみ、血の道症

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  四物湯 処方構成
当帰川芎芍薬地黄各4.0

  四物湯 中医学解説
【効能】 補血活血・調経
【適応症】 補血の基本方剤で、補血と活血から構成されています
【類方比較】 黄連解毒湯:上・中・下焦全般の炎症に用いますが、便秘の傾向のない場合に用います。
桃核承気湯:のぼせぎみで便秘の傾向があり、下腹部に自発痛、抵抗、圧痛があり、女性ではさらに月経不順、月経困難などを伴う場合に用います。
柴胡加竜骨牡蛎湯:頭痛、不安、不眠などの精神神経症状を訴え、季肋部の抵抗、圧痛がある場合に用います。
【解説】

当帰・芍薬・地黄は、豊富な栄養物を含み、全身を栄養、滋潤し、神経機能や内分泌機能を正常化させます(補血)。当帰・川芎は、血管拡張によって循環を改善し、栄養物の分配、配給を強めます。当帰・芍薬・川芎は、子宮筋の収縮を調整して正常化させます。当帰は子宮の発育促進に働き、四薬すべてがもつ栄養、滋潤、血行促進などの作用により、子宮、卵巣などの機能を改善して、月経調整に働きます(調経)。芍薬・当帰・川芎は、鎮静作用をもち、自律神経系の失調を改善します。地黄・芍薬には、ある程度の止血効果があります。

【治療の現場から】 精神的ストレスをともなうとき・ゆううつ感、緊張、いらいら、ヒステリIツクな反応などには、加味逍遥散小柴胡湯大柴胡湯などを合方します。
怒りっぽい、いらいらなどには、三黄瀉心湯黄連解毒湯などと合方します。
出血に対して、慢性の炎症によるときには、黄連解毒湯温清飲)を合方します
うっ血には、桂枝茯苓丸と合方します。
月経異常に対して、稀発月経で基礎体温が低く冷えをともなう寒証には、当帰四逆加呉茱萸生姜湯人参湯など。月経が延長傾向にあり月経痛、経血量が少ない、凝血がまじるなどの血瘡には桂枝揆苓丸。周期が短く出血量が多い熱証には、黄連解毒湯などと合方します。
食欲不振、泥状~水様便などがみられるときには、六君子湯補中益気湯なとと合方します。
四物湯 腹部軟弱で臍傍に動悸を訴える人が多い


※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 食欲不振、下痢など脾胃気虚のものには注意して使用します。
【臨床応用】 栄養不良・自律神経失調症・更年期症候群・視力障害・稀発月経・稀少月経・無月経・子宮発育不全・月経困難症・産後などで、血虚を呈するものに使用します。

四物湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.