六君子湯のことなら家庭の中医学。六君子湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  六君子湯 中医学処方解説 リックンシトウ
六君子湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 六君子湯
 

「六君子湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『万病回春[マンビョウカイシュン]』補益門項に収載されている胃腸虚弱者に用いる薬方です。


日本漢方の効能・・・胃腸の弱いもので、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:食欲不振、消化不良、胃下垂、胃アトニー、胃炎、胃痛、嘔吐

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  六君子湯 処方構成
半夏茯苓人参白朮各4.0
陳皮大棗各2.0
甘草生姜各1.5

  六君子湯 中医学解説
【効能】 補気健脾・理気化痰・利水消腫
【適応症】 脾胃気虚の症候に、悪心・嘔吐・呑散・上腹部のつかえ・水様便、あるいは胸苦しい・咳嗽・痰が多い、あるいは浮腫などの痰湿の症候をともなう人に使用します。舌質は淡白で胖大・舌苔は白厚膩・脈は滑弱。
【類方比較】 半夏瀉心湯:心下痞硬、腹中雷鳴等、痰飲の症状があります。
人参湯:胃腸虚弱であるが、冷え(裏寒の証)が主症です。
【解説】

補気健脾の人参・白朮・茯苓・炙甘草・大棗と和胃降逆の半夏・生姜・陳皮からなり、脾と胃の両面に配慮した構成で、和胃気虚に対する基本方剤です。

理気化痰の半夏・陳皮・生姜と利水滲湿の白朮・茯苓の配合があるところから、痰湿を除去する効能をもっており、脾胃気虚・生痰にも有効です。

【治療の現場から】

悪心 嘔吐が強いときには、小半夏加茂苓湯半夏厚朴湯などを合方します。
喀痰、多痰が強いときには、小青竜湯半夏厚朴湯などを合方します。
婦人で、むくみを伴うような方は当帰芍薬散を合方します。
肝鬱などの症状があれば、柴胡桂枝湯などを合方し、ます。

【使用目標】
六君子湯 食欲不振、心窩部の膨満感

心窩部での痞え、圧痛はない

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 消化不良症・慢性胃腸炎・慢性気管支炎・気管支喘息の間歇期・慢性腎炎・ネフローゼ症候群・低タンパク性浮腫その他の慢性疾患で、脾胃気虚・痰湿の症候を呈するものに使用します

六君子湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.