参苓白朮散のことなら家庭の中医学。参苓白朮散の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  参苓白朮散 中医学処方解説 ジンレイビャクジュツサン
参苓白朮散
 参苓白朮散
 

「参苓白朮散」は、漢方の古典といわれる中国の医書「和剤局方」に収載されている薬方です。


日本漢方の効能・・・やせて顔色が悪く、食欲がなく下痢が続く傾向があるものの次の諸症:食欲不振、慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ


  参苓白朮散 処方構成
薏苡仁5.0
蓮肉白扁豆各4.0;
茯苓人参白朮各3.0
縮砂桔梗各2.0
甘草山薬各1.5

  参苓白朮散 中医学解説
【効能】 補気健脾、滋補脾陰、滲湿止瀉
【適応症】 【脾気陰両虚の代表処方です】
食欲不振、食べると腹が脹る・顔色が萎黄・口唇の乾燥・口乾・手足のほてり・元気がない・疲れ易い・便秘あるいは泥状便・舌質淡から紅で胖・舌苔が少ないあるいは剥落・脈は細やや数で無力などの症状を言います。

泥状~水様便・腹満・悪心・多痰・咳嗽・白色帯下・下肢浮腫・舌質が淡胖・舌苔が白膩・脈が沈細で無力など。脾虚で運化が低下した状態であり、水穀の精微の産生が不足した為に脾陰が虚す場合、水湿の運化が不足して湿が停滞し痰を生じる場合の両面があらわれます。
【類方比較】 六君子湯:胃腸虚弱で顔色が悪く、心窩部(しんかぶ・みぞおち)の振水音が著明で、胃部膨満感、食欲不振、倦怠感、手足の冷えがあり、腹痛をあまり訴えない場合に用います。(脾胃気虚)
【解説】

参苓白朮散は、脾気・脾陰・脾湿・脾虚に対応した配合になっています。

益気健脾の四君子湯(人参・白朮・茯苓・炙甘草)が基本で、脾運を健常にすることにより水穀の精微と水湿の運化を強めます。

甘平・甘淡の山薬・蓮子・白扁豆・薏苡仁は脾陰を滋潤し、脾気の健運を補助します。理気和胃の縮砂(砂仁)は胃の受納と降濁を維護し脾気の通運を促し、補益薬の膩滞を防ぎ、桔梗は戴薬上行の引経薬でありであり、清気を上昇させる働きもあります。

人参・山薬・蓮子が益気健脾に、白朮・茯苓・薏苡仁・白扁豆が健脾・利水滲湿に山薬・蓮子が収渋止瀉に、桔梗が昇清に、陳皮・縮砂が理気化痰に、炙甘草が諸薬の調和に、それぞれ働くので、湿盛による諸症状とくに泥状~水様便に有効です。

【治療の現場から】 情緒の変動により体調が悪化するときは、加味逍遥散などを合方します。
参苓白朮散 腹部が軟弱
軽度の腹痛
下痢・軟便傾向

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 消化不良症・慢性胃腸炎・貧血症・ネフロ-ゼ症候群・慢性胃腸炎・その他の慢性疾患で脾胃気虚・脾陰虚の軟便~水様便を呈するものに使用します

参苓白朮散の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.