抑肝散加陳皮半夏のことなら家庭の中医学。抑肝散加陳皮半夏の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  抑肝散加陳皮半夏 中医学処方解説 ヨクカンサンカチンピハンゲ
抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 抑肝散加陳皮半夏
 

「抑肝散加陳皮半夏」は、漢方の古典といわれる中国の医書「保嬰撮要(ホエイサツヨウ)」に収載され、「抑肝散」という元々小児の癇(カン)ひきつけに用いられている処方に、我が国での使用経験から半夏と陳皮という生薬を加えて、成人にも適応するよう工夫された薬方です。


日本漢方の効能・・・虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  抑肝散加陳皮半夏 処方構成
柴胡半夏5.0
蒼朮茯苓各4.0
川芎当帰釣藤陳皮各3.0
甘草1.5

  抑肝散加陳皮半夏 中医学解説
【効能】 平肝熄風・補気血
【適応症】 抑肝散加陳皮半夏は、気血両虚の肝陽化風に用いる漢方処方です。
気血両虚の肝陽化風の代表処方です。いらいら・怒りっぽい・頭痛・めまい感・眠りが浅い・頭のふらつき・筋肉の痙攣やひきつり・手足のふるえなどの肝陽化風の症候に、元気がない・疲れやすい・食が細い・皮膚につやがない・動悸。しびれ感などの気血両虚をともなうものに使用します。舌質はやや紅・舌苔は白
【類方比較】 釣藤散:「脾胃気虚・痰湿の肝陽化風」に対して作られた処方
【解説】

熄風の釣藤と疏肝の柴胡・川芎及び柔肝の当帰で、肝気をのびやかにして、痙攣をしずめます。健脾の蒼朮・茯苓・甘草の配合は、肝血の化源を充たし肝気を柔軟にします。

ふるえ・ふらつきなどの風動の症候がつよければ、桂枝加竜骨牡蠣湯と合方します。
肝気鬱結の症状やけいれんが明らかなら芍薬甘草湯香蘇散などを合方します。
いらいら・のぼせ・ほてりなどの肝火の症状がつよければ加味逍遥散三黄瀉心湯などと合方します。
血虚が明らかな場合は、四物湯を合方します。
気虚が明らかな場合は、補中益気湯を合方します。

【治療の現場から】 原著の方後に「母子同服」とあることから子供に使う場合は母親」の影響が強いことがわかります。子供・高齢者に使用する場合は良いのですが、成人に用いる場合には用量を多くする必要がある事もあります
抑肝散加陳皮半夏 まぶたの痙攣を訴える人が多い
腹直筋の緊張や左腹直筋に動悸を感じる人が多い

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 乳幼児のひきつけ・夜驚証・チック・自律神経失調症・神経症・更年期障害・脳血管障害・高血圧症・不眠症・パーキンソン病などで、気血両虚・肝陽化風を呈するもの。

抑肝散加陳皮半夏の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.