釣藤散のことなら家庭の中医学。釣藤散の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
釣藤散 中医学処方解説 チョウトウサン
釣藤散エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 釣藤散
 

「釣藤散」は、漢方の古典といわれる中国の医書『類証普済本事方[ルイショウフサイホンジホウ]』に収載されている薬方です。耳な、目まい、肩こり等の症状を多く伴い、首のうしろから側頭部にかけておこす頭痛に効果があります。


日本漢方の効能・・・慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のあるもの

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  釣藤散 処方構成
石膏5.0
釣藤陳皮半夏麦門冬茯苓各3.0
人参菊花防風各2.0
甘草生姜各1.0

  釣藤散 中医学解説
【効能】 平肝潜陽・明目・補気健脾・化痰
【適応症】 脾胃気虚・痰湿の肝陽化風に使用します。頭のふらつき・めまい感・頭痛・耳鳴・顔面紅潮・目の充血・目がかすむ・いらいら・肩こり・眠りが浅い・手足のふるえなどの肝陽化風の症候に、食欲不振・元気がない・疲れやすい・悪心・嘔吐・咳嗽・喀痰・腹が脹るなどの脾気虚・痰湿の症候をともないます。舌質はやや紅・舌苔は膩・脈は弦軟やや数。
【類方比較】 抑肝散加陳皮半夏:多くの場合は小児または若年者の神経過敏で怒りやすく興奮して眠れない場合に用います。(気血両虚の肝陽化風)
柴胡加竜骨牡蠣湯:頭痛、頭重、不安、不眠などに用いられる・この場合・便秘の傾向があり、季肋部の抵抗、圧痛を認める場合に用います。(肝気鬱結による煩驚)
半夏白朮天麻湯:胃腸虚弱な人で、心窩部振水音を認め、頭痛、頭重、めまいなどがある場合に用います。(脾虚、水飲上衝)
七物降下湯:顔色悪い、つやがないなど血虚で、のぼせ、めまいなどのある場合に用います。
【解説】

釣藤鈎は、鎮静、鎮痛、鎮痙降庄作用をもち、自律神経系の興奮をしずめ、けいれんによるふるえを止めます。

菊花は、鎮静・降庄作用があり時に目の充血 頭痛をやわらげます。

人参・甘草・茯苓は、消化吸収を促進し、機能を高めます。半夏・陳皮・生姜は、胃腸の嬬動をつよめ、消化管内の水分停滞を除きます。

【治療の現場から】 のぼせ、はてり、イライラ、顔が赤いときは、加味逍遥散を合方します
釣藤散 肩こりが強く釣り鐘状に張った感じが多くみられる。強い肩こり

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 軟便、下痢には使用しません
【臨床応用】 神経症、不眠症、動脈硬化症、高血圧症、メニエル氏病、更年期障害、慢性腎炎・頭痛

釣藤散の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.