柴胡加竜骨牡蛎湯のことなら家庭の中医学。柴胡加竜骨牡蛎湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
柴胡加竜骨牡蛎湯 中医学処方解説 サイコカリュウコツボレイトウ
柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 柴胡加竜骨牡蛎湯
 

「柴胡加竜骨牡蛎湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『傷寒論[ショウカンロン]』に収載されている薬方です。精神不安があってどうき、不眠などを伴う人の高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症などに効果があります。


日本漢方の効能・・・精神不安があって、どうき、不眠などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜なき

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  柴胡加竜骨牡蛎湯 処方構成
柴胡5.0
半夏4.0
茯苓桂枝各3.0
黄芩大棗生姜人参竜骨牡蛎各2.5
大黄1.0(適量)

  柴胡加竜骨牡蛎湯 中医学解説
【効能】 清熱安神・補気健脾・化痰止嘔
【適応症】 脾気虚が基本にあり痰湿が生じ、それに脳の興奮とか自律神経の緊張が加わったもので精神的に不安感やおどろきやすい症状があり、またイライラ怒りやすいなどをあらわすものに鎮静、自律神経調整を主目標に用います。
舌質は紅で舌苔は黄でやや膩。脈は弦数。
【類方比較】 柴胡桂枝乾姜湯:少陽病で煩熱の症があります。胸脇微満結。
桂枝加竜骨牡蠣湯:神経症状と動悸はあるけれども、胸脇苦満はありません。少腹弦急.
大柴胡湯:胸脇苦満が強く便秘あり、神経症状や動悸はありません。
苓桂朮甘湯:動悸とめまいがあります。(水飲上衝)
【解説】

小柴胡湯を基本に甘草を除き竜骨・牡蛎・茯苓の安神薬と清熱瀉下することにより脳の興奮を鎮める大黄、陽気を全身に流し機能調整をする桂枝及び脾胃の機能を高め全身状態を 改善する人参・大棗より構成されています。柴胡・黄芩・竜骨・牡蠣・半夏・茯苓・大棗・大黄は、すべて鎮静に働きます(安神)。柴胡・大黄は、自律神経系を調整し、いらいら、緊張、不安をしずめます(疏肝解欝)。黄芩・大黄は、頭面部の充血を緩和し、いらいら、怒りっぽいなどを改善します。竜骨・牡蠣は、動悸、耳鳴、筋けいれん、体のふらつき、ふるえなどを緩解します。柴胡・黄芩・大黄は、消炎解熱、抗菌に働きます(清熱)。 半夏・生姜は、鎮嘔、制吐、鎮咳し、痰の抑制に働きます(止嘔化痰)。また、半夏・生姜・桂枝は嬬動を調整し、人参・大棗・茯苓は、消化吸収を強め、機能を促進します(健脾益気)。茯苓は、組織中や消化管内の水分を血中に吸収して利尿作用により排除します。大黄は利尿作用によりこれを補助します。

【治療の現場から】 炎症が強ければ,三黄瀉心湯黄連解毒湯などを合方します。
皮膚の乾燥、やせる,口渇など血虚・陰虚の症候をともなうときには、四物湯六味丸などを合方します
柴胡加竜骨牡蛎湯 心窩部の痞えを感じることが多い

臍上で動悸をふれることが多い

心窩部から季肋部にかけて苦満感を訴え、抵抗圧痛があります。

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 陰虚(皮膚の乾燥、つやがない、ほてりなど)には注意しながら使用します。
【臨床応用】 自律神経失調症・神経症・心臓神経症・発作性頻脈・高血圧症・甲状腺機能亢進症・不眠症などで、心肝火旺・脾気虚・痰湿を呈するものに使用します

柴胡加竜骨牡蛎湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.