温清飲のことなら家庭の中医学。温清飲の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  温清飲 中医学処方解説 ウンセイイン
温清飲エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 温清飲
 

「温清飲」は、漢方の古典といわれる中国の医書「万病回春」に収載されている薬方で、「四物湯」と、「黄連解毒湯」が合方されたものです。
別名 解毒四物湯


日本漢方の効能・・・皮膚の色つやが悪く、のぼせるものの次の諸症:月経不順、月経困難、 血の道症、更年期障害、神経症

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  温清飲 処方構成
当帰地黄芍薬川芎各3.0
黄連黄芩山梔子黄柏各1.5

  温清飲 中医学解説
【効能】 清熱瀉火、解毒、補血活血
【適応症】 温清飲は四物湯と黄連解毒湯の合方で、四物湯の温で補血、活血をし、黄連解毒湯の清で血熱をさますとの意味で温清飲と名づけられました。四物湯は血を生じ枯燥を潤し、黄連解毒湯は炎症充血、煩燥、のぼせ等の熱を去る。このことから津液が枯れ、皮膚も枯燥した皮膚病に用いられます。また、子宮出血が長引いたり月経過多など婦人科疾患にも用います。
【類方比較】 黄連解毒湯:のぼせ、精神不安、出血傾向などはあるが、皮膚の栄養低下や乾燥傾向のない場合に用います。(血熱妄行)
桂枝揆苓丸:のぼせ、出血傾向はあるが皮膚の栄養低下がなく、神経症状が軽度で下腹部に抵抗、圧痛のある場合に用います。(瘀血)
十味敗毒湯:皮膚疾患で、発疹が散発性で、時に化膿を伴う炎症のある場合に用います (風湿熱の皮疹)
消風散:皮膚疾患で分泌物があって痂皮を形成し、痒みの強い場合に用います。(風湿熱熱の皮疹)
【解説】

温清飲の生薬はいずれも清熱瀉火の効能を持ち、消炎、解熱、化膿の抑制、鎮静、止血などの作用があり、黄連・黄芩・黄柏・山梔子には、利胆、肝保護作用があり広く炎症全般に使われます。

黄連・黄芩・黄柏・山梔子は、強い消炎、解熱、抗菌、抗化膿の作用をもち、化膿性、非化膿性の炎症をしずめます(清熱解毒)。

黄連・黄芩・黄柏・山梔子は、鎮静、血圧降下などの作用をもち、自律神経系の興奮や脳の充血を緩解します(清熟清火)。また、当帰・芍薬・川芎は、鎮静作用により、これを補助します。

黄連・黄芩・黄柏は、炎症性充血を軽減し、山梔子は血管透過性抑制に働き、共同して炎症性出血をとめます(止血)。また、地黄・芍薬も止血を補助します。

黄芩・黄柏は、利尿作用をもち、炎症性滲出物を軽減します(清熟化湿)。

当帰・芍薬・地黄は、滋養強壮作用をもち、体を栄養滋潤し、内分泌系、自律神経系を調整し、また皮膚に栄養を与えます(補血)。

当帰・川芎は、血管拡張により血行を促進し、栄養作用が全身に行きわたるように補助します(活血)。

当帰・芍薬・川芎は、月経調整、子宮機能調整に働く(調経)。当帰・芍薬は、鎮痙、鎮静作用をもちます

【治療の現場から】

気力がない、元気がない、食欲不振など気虚を伴うときは、補中益気湯を合方します。

あきらかな陰虚の時は六味丸を合方します

温清飲 下腹部の軽い抵抗・圧痛を感じる場合が多い。
みぞおちや(心窩部)肋骨の最下部(季肋部)が緊張していることが多くみらます
腹直筋が緊張してしている場合も多くみられます
血虚・血熱(皮膚につやがない、目のかすみ等と、のぼせ、はてり、いらいらなどの症状をともなう鼻出血、下血などや灼熱感のある発疹、皮膚炎、口内炎)

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 高血圧症、ベーチェット症候群、神経症、にきび、皮膚炎、じんま疹、湿疹、肝障害、血尿、子宮出血、痔、血の道症

温清飲の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.