荊芥連翹湯のことなら家庭の中医学。荊芥連翹湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  荊芥連翹湯 中医学処方解説 ケイガイレンギョウトウ
荊芥連翹湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 荊芥連翹湯
 

「荊芥連翹湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『万病回春[マンビョウカイシュン]』鼻病門[ビビョウモン]に収載された処方を基本に、我が国で経験方として発展させた薬方です。顔の色が浅黒く(暗褐色)、手足の裏に油汗をかき易く、もともと鼻、耳、扁桃、皮膚粘膜部に化膿炎症をおこし易い体質の人で、アレルギーや感染等でおきた鼻炎が慢性化し鼻汁が濃く膿汁となっている状態の慢性鼻炎、蓄膿症、また慢性扁桃炎、およびにきびにすぐれた効果をあらわします。


日本漢方の効能・・・蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  荊芥連翹湯 処方構成
荊芥連翹防風当帰川芎芍薬柴胡枳実黄芩山梔子白芷桔梗各1.5
甘草1.0

  荊芥連翹湯 中医学解説
【効能】 清熱解毒・袪風排膿、養血
【適応症】 袪風と排膿に重点がおかれていて、掻痒・化膿が顕著な場合に適します。
【類方比較】 葛根湯:顔面、耳、上気道などに急性の炎症があり、項背。 こりを訴える場合に用います。
葛根湯加川芎辛夷:葛根湯を用いますべき症状が慢性に移行した場合に用います。
【解説】

荊芥連翹湯は、清熱瀉火の黄連解毒湯と補血の四物湯を基本に、袪風の薄荷・柴胡・連翹・荊芥・防風・自正及び排膿の枳実・桔梗を中心に構成されています。以上の効能より炎症等が加わって慢性化しそれに伴って栄養状態の悪化が生じたときに用いられます。一般には鼻や皮膚等の反復性、慢性の炎症によく用いられます。

【治療の現場から】 食欲不振、元気がない、疲れやすいなどの気虚の症候が強ければ、参苓白朮散六君子湯補中益気湯:どを合方します。
肝欝の症状が強ければ、小柴胡湯などを合方します。

荊芥連翹湯 首筋の下で肩甲骨にあたるところに張りがある場合

皮膚の色が浅黒く、手足に汗をかきやすいような人の、副鼻腔、外耳、中耳、扁桃などに炎症を起こすような人

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 慢性鼻炎、慢性扁桃炎、蓄膿症、ニキビ、肥厚性鼻炎、鼻血、肺結核、神経衰弱、禿髪症、各種の皮膚疾患

荊芥連翹湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.