葛根湯加川芎辛夷のことなら家庭の中医学。葛根湯加川芎辛夷の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  葛根湯加川芎辛夷 中医学処方解説 カッコントウカセンキュウシンイ
葛根湯加川芎辛夷エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 葛根湯加川芎辛夷
 

「葛根湯加川芎辛夷」は「葛根湯」に川芎と辛夷を加えたもので、我が国の経験方として特に鼻炎、鼻づまり、蓄膿症に用いられる薬方薬です。アレルゲン、寒冷等によるアレルギーやウイルス感染により鼻粘膜がうっ血し、鼻づまりなどの症状をひきおこします。このような症状や、長引いて慢性化した鼻炎、蓄膿症に効果があります。


日本漢方の効能・・・慢性鼻炎、蓄膿症、鼻づまり

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  葛根湯加川芎辛夷 処方構成
葛根5.0
麻黄大棗各4.0
桂枝芍薬生姜各3.0
川芎辛夷甘草2.0

  葛根湯加川芎辛夷 中医学解説
【効能】 調和営衛・宣散通竅
【適応症】 表寒・表実(悪寒、無汗、発熱、頭痛などで項背のこわばりをともなうもの、鼻閉、鼻汁のあるもの)
【類方比較】 葛根湯:葛根湯加川芎辛夷と同様の症状を呈するが、発病の初期あるいは慢性病の急性増悪期に用います。
小青竜湯:水様性の鼻汁が多い場合に用います。
荊芥連麹湯:副鼻腔、外耳、中耳、扁桃などに炎症を起こしやすく、分泌液が一層膿性な場合に用います。
【解説】

葛根湯加川芎辛夷は散寒解表(辛温解表)の麻黄・桂枝・生姜と生津の葛根、滋養の芍薬・大棗・甘草と活血の川芎、通竅の辛夷から構成されています。

くしゃみ・鼻水の症状が起き、特に鼻づまりが強く肩こりや頭重などの症状や濃い鼻汁の症状が残った鼻炎に使用します。

葛根で患部および筋肉の強ばりを緩め、芍薬・川芎で血液の循環をよくし、肩こりや頭重などを緩和し炎症を鎮めます。辛夷は川芎とともにのぼせを下げて、新陳代謝をよくし鼻づまりを改善する働きがあります。

【治療の現場から】 膿性鼻汁が多いときは、五虎湯を合方します。
葛根湯加川芎辛夷 鼻閉・鼻漏・後鼻漏の症状を訴え慢性化したしたもの
項背部のこわばり・無汗・頭重・頭痛
※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 葛根湯加川芎辛夷は自汗(自然に出る汗)のある人には 、用いないでください。
【臨床応用】 蓄膿症、慢性鼻炎

葛根湯加川芎辛夷の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.