葛根湯のことなら家庭の中医学。葛根湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  葛根湯 中医学処方解説 カッコントウ
葛根湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 葛根湯
 

「葛根湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論 ショウカンロン」「金匱要略 キンキヨウリャク」に収載されている薬方です。かぜや肩こりなどに効果があります。かぜのひきはじめで、発熱して体がゾクゾクし、寒気がとれないような症状に効果があります。


日本漢方の効能・・・感冒、肩こり、鼻かぜ、頭痛、筋肉痛、手や肩の痛み

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  葛根湯 処方構成
葛根5.0
麻黄大棗各4.0
桂枝芍薬生姜各3.0
甘草2.0

  葛根湯 中医学解説
【効能】 辛温解表・生津・舒筋
【適応症】 葛根湯は、桂枝湯に麻黄と葛根を加えたもので、麻黄で強く邪を発散し、葛根で筋肉のこわばりを解消します。悪寒・無汗・発熱・頭痛・身体痛・咳嗽あるいは呼吸困難・口渇がないなどで、鼻閉・鼻みず・ふるえ・項背部のこわばりをともなうものに用います。また、桂枝・麻黄の辛温解表と葛根の辛涼解表の配分があるため、傷寒と温病の中間型にも用いることができ、適応が広い処方です。
【類方比較】 麻黄湯:項背部のこわばりより、筋痛、腰痛、関節痛が著明で喘咳があります。
麻黄附子細辛湯:感冒様症状がありますが、発熱せず悪寒だけがあります。
【解説】

麻黄・桂枝・生姜・葛根は、発熱状態では発汗、解熱に働き、悪寒、頭痛、身体痛などの表証を緩解します。(辛温解表)

芍薬・甘草・大棗は、発汗過多になるのを抑制し、葛根・芍薬・甘草・大棗は、筋肉のけいれんを緩解します(舒筋)。

葛根は、特に項背部のこわばりに奏効します。また、滋潤の効果をもちます。芍薬・甘草・大棗は、腸管のけいれんを緩解して腹痛をとめ、葛根は下痢をとめます。

桂枝・生姜は、消化液の分泌を高め蠣動を調整して、消化吸収を補助します。

【治療の現場から】 熱感の強い感染症、又は皮膚の化膿などには、五虎湯を合方します。
葛根湯 感冒の初期で自然発汗が無く悪寒発熱頭痛、項背部のこわばりなど

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 葛根湯は自汗(自然に出る汗)のある人には 、用いてはいけません。
【臨床応用】 葛根湯は、感冒・インフルエンザ・その他の感染症の初期などで、表寒・表実を呈するもの。肩こり・肩関節周囲炎・寒冷じんましん・鼻炎などに試用してもかまいません。

葛根湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.