加味帰脾湯のことなら家庭の中医学。加味帰脾湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  加味帰脾湯 中医学処方解説 カミキヒトウ
加味帰脾湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 加味帰脾湯
 

「加味帰脾湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『済生方[サイセイホウ]』 に収載されている処方「帰脾湯」に生薬の柴胡[サイコ]と山梔子[サンシシ]が加えられた加味方です。 元来胃腸の弱い虚弱体質で血色のわるい人が貧血や心身の過労によって、気分がイライラしたり、落ち着きがなくなったり、元気がなく口数が少なくなったりして精神不安や神経症、不眠症をおこした時に効果があります。


日本漢方の効能・・・虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:貧血、不眠症、精神不安、神経症

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  加味帰脾湯 処方構成
黄耆白朮酸棗仁人参茯苓竜眼肉柴胡各3
当帰大棗遠志牡丹皮山梔子各2
生姜1.5
;木香甘草各2

  加味帰脾湯 中医学解説
【効能】 気血双補・補脾・養心安神・清熱瀉火
【適応症】 加味帰脾湯は心脾両虚の代表的方剤です。帰脾湯に疏肝薬の柴胡と清熱薬の山梔子を加えたものです。適応する病態は,気虚と心血虚が同時に発生し,日中は眠くてすぐうとうとするが夜間は眠りが浅く眼が醒めやすいという傾向の人に用います。
【類方比較】 十全大補湯:体力が衰えて顔色が悪く、疲労倦怠感を訴えるが、本方よりも神経症状が軽度の場合に用います。(気血両虚と虚寒)
桂枝加竜骨牡蛎湯:貧血はあまりないが、精神不安、不眠、陰萎などを訴える場合に用います。
(気血不足と陽虚)
黄連解毒湯:興奮、のぼせの傾向を伴い、比較的急性に起こる出血の場合に用います。(血熱妄行)
【解説】

補気健脾の人参・黄耆・白朮・甘草・大棗・で脾気を高めて血の産生を促し、補血の当帰と養心安神の竜眼肉・酸棗仁・遠志で心血を補い心神を安じます。

生姜は和胃に、木香は理気健脾にはたらき、脾胃の健運を補助します。また、柴胡・山梔子の鎮静,解熱,消炎作用によって自律神経系の亢進による熱証をしずめます。

【治療の現場から】

泥状~水様便が強いときは,五苓散などを合方します。
冷えが強いときは,人参湯などを合方します
気滞が強ければ、香蘇散を合方します

加味帰脾湯 貧血、精神不安、不眠症など神経症状を持つ人に使用します

微熱・食欲不振・出血傾向

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 自律神経失調症・更年期症候群・心臓神経症・不安神経症・不眠症・健忘症・貧血症・低タンパク血症・血小板無力症・慢性胃腸炎・神経性胃炎・不正性器出血などで心脾両虚を呈するものに使用します。

加味帰脾湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.