ボタンピ・・牡丹皮のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
ボタンピ・・牡丹皮中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
当サイトのコンテンツを複製した運営サイトおよびブログが多々ございます。
当サイトのコンテンツは、当サイトが保有しており、著作権法で保護されております。
当サイトの許可なく複製したり、内容を変更しての2次利用などはしないでください。 
 

 ボタンピ・・牡丹皮

ボタンピ・・牡丹皮

  ボタンピ・・牡丹皮  
ボタンピ・・牡丹皮
【基 原】
ボタンPaeonia moutan Sims.(=P. suffruticosa Anderews)(ボタン科Paeoniaceae)の根皮を乾燥したもの。外側のコルク層を剥除したものを粉丹皮という。


ボタンピ・・牡丹皮
【出典】 神農本草経 中品
【別名】 牡丹根皮(ボタンコンピ)、丹皮(タンピ)、丹根(タンコン)
【成分】 ペオノール(paeonol)、ペオノライド(paeonolide)、ぺオノサイド(paeonoside)、ペオニフロリン(paeoniflorin)、安息香酸などを含む
【効能】

消炎性駆瘀血薬、解熱、鎮痛、鎮静、鎮痙、通経、排膿、消炎

【薬理作用】 清熱涼血・活血祛瘀
抗菌作用・降圧作用、paeonol は動物の子宮粘膜を充血し、月経を発来する。
【臨床応用】 主として清肝瀉火と涼血祛瘀(消炎・降圧)に用いる。
  1. 発熱(午後にひどくなる)・盗汗・自汗・頭痛・目の充血・頬の紅潮・口乾・月経不順などの肝欝化火の症状(ある型の慢性肝炎・月経不順など)に使用する。
  2. 急性虫垂炎(腸癰)に、牡丹皮の清熱祛瘀(消炎)の効能を利用する。
  3. 肝欝化火の症状をともなう高血圧症・動脈硬化症(眼底の動脈硬化・血管痙攣・眼底出血なども含む)にも用いる。
  4. 陰虚の発熱に用いる。
  5. 熱証の出血に用いる。一般的な血熱妄行による鼻出血・吐血にも牡丹皮を用いるが、やいて炭にした方が止血効果が強まる。
  6. 打撲捻挫による内出血に用いる。
【性味】 味は苦・辛、性は微寒
【帰経】 心・肝・腎経
【処方】 温経湯桂枝茯苓丸加味逍遥散牛車腎気丸八味地黄丸六味地黄丸など
【用量】 6~9g
【使用上の注意】
【産地】 日本、中国、韓国

牡丹皮のことならナガエ薬局
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.