十全大補湯のことなら家庭の中医学。十全大補湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
十全大補湯 中医学処方解説 ジュウゼンダイホトウ
十全大補湯
 十全大補湯
 

「十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)」は、漢方の古典といわれる中国の医書「和剤局方(ワザイキョクホウ)」諸病門に収載されている薬方です。体力の低下や全身的衰弱を大いに補うという意味で名付けられています。「十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)」は、病後における体力の低下、手足の冷え、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、貧血などに効果があります。


日本漢方の効能・・・病後の体力低下、手足の冷え、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、貧血

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  十全大補湯 処方構成
人参桂枝川芎地黄茯苓白朮黄耆当帰芍薬各3.0
甘草1.5

  十全大補湯 中医学解説
【効能】 気血双補・温陽去寒
【適応症】 補気の基本処方の「四君子湯」と補血の基本処方の「四物湯」を組み合わせ、補気の黄耆と温中散寒の桂枝を加えたものに相当し、「気血双補」の処方になっています。すなわち、機能面、物質面の消耗に対して用います。気血両虚で、寒け・四肢の冷え・下腹部痛などの虚寒の症候をともなうものに使用します。舌質は淡白で胖大・脈は沈細弱
【類方比較】 補中益気湯:十全大補湯と同様に体力が衰え、四肢倦怠感、食欲不振などを訴えるが、貧血症状や皮膚乾燥のない場合に用います。(気虚と中気下陥)
小建中湯:体力虚弱者、とくに小児で疲れやすくて血色がすぐれず、腹痛、鼻出血などを訴え、腹直筋の緊張を認める場合に用います。
六君子湯:心窩部(みぞおち)の膨満感、食欲不振、疲労倦怠感などがあり、心窩部振水音を認める場合に用います。(脾虚の痰湿)
【解説】

人参・黄耆・白朮・茯苓・甘草は、全身の機能を高め代謝を促進し、消化吸収を強め、元気をつけ疲労感を除き抵抗力を増します(補気健肺)。

たんばく合成、造血、免疫能増強に働き、白朮・茯苓は、組織中や消化管内の余剰の水分を血中に引き込んで利尿によって除きます。

地黄・当帰・芍薬は、豊富な栄養物を含み、全身を栄養、滋潤し、神経機能や内分泌機能を正常化します(補血)。

当帰・川芎は、血管拡張により循環を改善し、栄養物の分配、配給を強めます(活血)。桂枝は、血管拡張により内臓や末梢の循環を強めて体をあたため(温中散寒)、唾液、胃液の分泌を高めて消化吸収を補助します。黄耆・当帰は、肉芽形成を促進します。

【治療の現場から】 腰、膝に力が入らない.耳鳴り、夜間尿、性機能減退があるときは、八味地黄丸を合方します。
【臨床応用】 貧血症・慢性肝炎・慢性腎炎・その他の慢性疾患・産後・出血のあと・肉芽形成不全・自律神経失調症などで、気血両虚を呈するもの。これに準じ、虚寒の症候をともなうものに使用します。

十全大補湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.