半夏白朮天麻湯のことなら家庭の中医学。半夏白朮天麻湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  半夏白朮天麻湯 中医学処方解説 ハンゲビャクジュツテンマトウ
半夏白朮天麻湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 半夏白朮天麻湯
 

「半夏白朮天麻湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「脾胃論」に収載されている薬方で、低下した胃腸機能を高め、めまいや頭痛を改善するのに用いられます。めまいは、平衡の働きがくるった時に感じる異常な感覚、漢方ではめまいがおこる原因の一つに胃腸機能が低下した時におこりやすい水毒(水分代謝異常)によると考えています。


日本漢方の効能・・・胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛などがあるもの

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  半夏白朮天麻湯 処方構成
茯苓白朮半夏陳皮各3.0
生姜天麻神麴 各2.0
黄耆沢瀉麦芽人参各1.5
黄柏乾姜各1.0

  半夏白朮天麻湯 中医学解説
【効能】 理気化湿、和胃
【適応症】 半夏白朮天麻湯は脾気虚の痰濁上擾に用います。頭がふらつく・頭が重くなる・目がくらむ・甚だしければ回転性めま い発作で立っていられない・悪心・嘔吐などの痰濁上擾の症候に、食欲不振・元気がない・疲れ易い・胸脇部が脹って苦しい・泥状~水様便などの脾気虚の症状をともないます。舌質は淡白・舌苔は白膩・脈は滑。
【類方比較】 二陳湯:袪痰を目的に作られた処方です
【解説】

熄風の天麻と化痰の半夏・陳皮で風痰をしずめ、補気健脾・燥湿の黄耆・人参・白朮・茯苓・蒼朮、消導の神麹・麦芽、利水の沢瀉で、脾運強めて痰の産生を防止します。生姜は、脾運を振奮させ、黄柏は化熱を防止し去湿をつよめるため、補助的に配合されています

【治療の現場から】
半夏白朮天麻湯 悪心、嘔吐食欲不振、全身倦怠などを伴う
腹部が軟弱で振水音を認める

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 半夏白朮天麻湯は、燥性が強いので、目まい感・頭のふらつきを呈する血虚・陰虚のものに用いてはいけません。
【臨床応用】 感冒・インフルエンザ・気管支炎・胃腸炎・慢性胃炎・慢性腸炎などで、脾気虚・痰湿を呈するもの。虚弱者の咳・多痰にもちいます。

半夏白朮天麻湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.