小半夏加茯苓湯のことなら家庭の中医学。小半夏加茯苓湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
小半夏加茯苓湯 中医学処方解説 ショウハンゲカブクリョウトウ
小半夏加茯苓湯
 小半夏加茯苓湯
 

「小半夏加茯苓湯」は、漢方の原典である「金要略キンキヨウリャク」に収載されている薬方で、鎮吐作用のある代表的な処方です。


日本漢方の効能・・・つわり、嘔吐、悪心

  小半夏加茯苓湯 処方構成
半夏生姜各6.0
茯苓5.0

  小半夏加茯苓湯 中医学解説
【効能】 和胃降逆・化痰利水
【適応症】 痰飲による胃気上逆に用います。悪心・嘔吐・吃逆・口渇がないあるいはやや口渇して飲むとすぐに吐くなどの症候で、上部のつかえ・めまい・動悸をともなうことがあります。舌苔は白滑・脈は滑。咳嗽・喀痰に用いてもかまいません。
【類方比較】 半夏厚朴湯:気のうっ滞を伴う吐き気に用います。
【解説】

降逆止嘔の小半夏湯に水飲を除く茯苓を加えたものです。降逆止嘔の半夏と生姜の組合せで、生姜は半夏の毒性を消し、胃気を和降させます。胃気本来の和降の機能を促進することが補胃気につながります

【治療の現場から】 服用方として煎じ薬の場合は冷やして服用する。エキスの場合は冷水で服用するとはかないで服用できます。
小半夏加茯苓湯 心下部の痞えや膨満感を訴える人が多い。

胃内停水

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 急性あるいは慢性胃炎・乗物酔い・妊娠嘔吐・神経性嘔吐などで、痰飲によるものに使用します

小半夏加茯苓湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.