藿香正気散のことなら家庭の中医学。藿香正気散の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
藿香正気散 中医学処方解説 カッコウショウキサン
藿香正気散エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 藿香正気散
 

「藿香正気散[カッコウショウキサン]」は、中国宋時代の漢方書『和剤局方[ワザイキョホウ]』に収載されている薬方です。胃腸がもともと弱い体質で、冷房等により体調がくるい発熱したりする、いわゆる夏かぜ、また暑いさかりに清涼飲料水・果物・生ものの摂取により、胃腸が冷やされ、その機能が一層低下しておこる下痢・食欲不振などの胃腸疾患や全身倦怠に効果があります。


日本漢方の効能・・・夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ


  藿香正気散 処方構成
白朮半夏茯苓各3.0
厚朴陳皮大棗各2.0
桔梗1.5
大腹皮藿香白芷甘草生姜蘇葉各1.0

  藿香正気散 中医学解説
【効能】 芳香化湿・理気和中・解表・止瀉
【適応症】 表寒をともなう湿困脾胃:悪心・嘔吐・腹痛・下痢・腹部膨満感・胸苦しい・身体が重だるい・食欲不振・味がない・口が粘るなどの湿困脾胃の症候に悪寒・発熱・頭痛などの表寒の症候をともないます。舌質白膩。
【類方比較】 胃苓湯:水様性下痢や浮腫の強い場合に用いる.
六君子湯:疲れやすく、元気がなく、食欲不振と悪心、嘔吐、口がねばる場合に用いる。
【解説】

主薬は芳香化湿の藿香で、解表の紫蘇葉・白芷、健脾利水の白朮・茯苓、理気化湿の半夏・厚朴・陳皮・大腹皮、化痰止咳の桔梗、和胃の生姜・大棗・甘草が配合されています。胃腸機能の失調と、これに伴う水分の吸収排泄障害に用いる方剤です。

【治療の現場から】 吐き下しで熱がある場合や、のどが痛い、発熱が強いときは、黄連解毒湯を合方する。
疲労倦怠感、食欲不振などが強いときは、補中益気湯を合方する。
藿香正気散 自然発汗が無く、夏風邪に使用
食欲不振・下痢に使用します。

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 胃腸型感冒・インフルエンザ・急性胃腸炎・胃十二指腸潰瘍・慢性結腸炎・食中毒・流行性耳下腺炎などで、湿困脾胃を呈するもの・アトピ-性皮膚炎・鼻カタル・アレルギ-性鼻炎などにも用います。

藿香正気散の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.