三叉神経痛のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
川芎茶調散
川芎茶調散のことなら
ナガエ薬局
 三叉神経痛

三叉神経痛

   
  漢方ではからだの痛みを「痺証」と呼んでいます。痺とは、「つまって通じない」という意味で、風や寒さ、湿気などの環境因子がからだの活動に必要な基本物質である気や血の流れを妨げた状態を指します。つまって通じない部分が、「痛み」となって現れるのです。痺証の代表的な症状が神経痛です。神経痛には、急性と慢性とがあります。急性の神経痛は環境因子の影響で起こりますが、慢性の場合には、それに加えて病気に対する抵抗力が不足するなど、体質素因がからみます。経過も長引き、治療も難しくなります。
 

神経痛の主な症状

対処法

・寒さや冷えで痛みが増す
・温めるとラクになる
温めて冷えに対する抵抗力をつける
・雨が降る前や湿度の高い日に痛む 水分代謝を促進し、湿気を除く
・ジクジクつづく治りにくい痛み
・疲れると痛みが増す
エネルギーや栄養物質を増やす
   
 
弁証 主証 治法 代表処方
風寒凝絡 顔面に発作性の激痛、寒冷刺激により痛みが強くなり、温めると軽くなる。舌質は淡、舌苔は薄白 疏風散寒・
温経止痛
川芎茶調散
風熱傷絡 熱感をともなう痛み、焼けるような顔面痛、局部を冷やすと痛みが軽減する。いらいらして落ち着かない。赤ら顔、口渇など。舌質は紅、舌苔は薄黄。 疏風散熱
止痛
清上防風湯
風痰阻絡 顔面に発作性疼痛、しびれ、脹っている感じがあり、頭は重い、めまい、悪心、嘔吐、胸部や季肋部が脹って重苦しい、痰や唾を盛んに吐くなど。舌質は肥大、舌苔は白膩 袪風化痰
通絡止痛
半夏白朮天麻湯
二陳湯
胃火上攻 口内の粘膜、唇、歯肉に焼けるような痛みがあり、その一部に触れると痛みが誘発される。あるいは、その場所に熱感をともなう脹痛がある。赤ら顔、目の充血、口臭、口渇、便秘など。舌質は紅、舌苔は厚く黄色。 清胃瀉火
散熱止痛
白虎加人参湯
黄連解毒湯
肝胆欝熱 発作性に焼けるように痛む。情緒の変化により増悪する。いらいらする、煩躁、怒りっぽい、赤ら顔、目の充血、口が苦い、便秘など。舌質は紅、舌苔は黄。 清肝瀉熱
降火止痛
竜胆瀉肝湯
陰虚陽亢 顔面に脹痛、筋肉のチック、しびれがみられる。いらいら、ほてり、のぼせ、顔面の潮熱、めまい、耳鳴り、煩悶、不眠、腰や下肢の脱力感など。舌質は紅、舌苔は少ない 滋陰潜陽
熄風通絡
釣藤散
芍薬甘草湯
気血両虚 顔面の痛みはひどくないが、なかなか治らない。疲れると痛みがひどくなり、休むと軽減する。顔色が悪い、疲労倦怠、食欲不振など。舌質は淡、舌苔は白。 益気養血 補中益気湯
四物湯
血瘀阻絡 三叉神経の領域が刺すように痛む。痛みの発作が頻発し、治りにくい、痛む場所が一定しており、押さえると痛みがひどくなる。痛みが夜になるとひどくなる。顔色が灰暗色など。
舌質は暗紫色あるいは瘀点、瘀斑がある。
活血化瘀
通竅止痛
冠脉通塞丸
詳細解説・・・・・・・・胸の痛みと心臓病

Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.