竜胆瀉肝湯のことなら家庭の中医学。竜胆瀉肝湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  竜胆瀉肝湯 中医学処方解説 リュウタンシャカントウ
竜胆瀉肝湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 竜胆瀉肝湯
 

「竜胆瀉肝湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『薜氏十六種[ヘキシジュウロクシュ]』に収載されている薬方です。膀胱炎など尿路疾患に用います。


日本漢方の効能・・・比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症:排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  竜胆瀉肝湯 処方構成
木通地黄当帰各5.0
沢瀉車前子黄芩各3.0
竜胆山梔子甘草各1.5

  竜胆瀉肝湯 中医学解説
【効能】 清肝瀉火・疏肝解欝・清熱利湿
【適応症】 肝胆火旺(肝火上炎)に用います。はげしい頭痛・目の充血・目やに・眼痛・口が苦い・急性の難聴や耳鳴・耳痛・胸脇部の脹った痛み・いらいら・怒りっぽい・不眠・尿が濃いなどの症候に使用します。舌質は紅・舌苔は黄・脈は弦数。黄疸がみられることもあります。また、下焦の湿熱に用います。排尿痛・頻尿・濃縮尿・排尿困難、あるいは陰部湿疹・陰部の腫脹疼痛・黄色の帯下などの症候です。舌質は紅・舌苔は黄膩・脈は弦滑数。
【類方比較】 猪苓湯:泌尿器症状は本方によく似ているが、生殖器症状を伴うことがありません。
八味地黄丸:口渇、軽度の排尿痛のほか、全身倦怠感、足腰の冷えや痛みを訴え、下腹部が上腹部に比し緊張が弱い場合に用います。
牛車腎気丸:尿量減少、浮腫が一層顕著で全身倦怠感、腰部の冷えや痛みもやや強く訴える場合に用います。(腎陽虚と水飲停滞)
【解説】

清熱瀉火の竜胆を主薬として、清熱の黄苓・山梔子、清熱利水の木通・車前子・沢潟、補血の地黄・当帰から構成されており、大部分は清熱利水薬です。主に尿路系の炎症による排尿痛、頻尿、または陰部湿疹、帯下などに用いるとともに、竜胆・黄芩により清熱瀉火の作用があることより自律神経の過亢進を抑制させ、いらいら、怒りっぽい、目の充血、はげしい頭痛などの自律神経の過緊張にも応用されます

【治療の現場から】

口唇のひびわれ、口渇、濃縮尿など脱水症状が強いときは、四物湯六味丸を合方します
肝鬱などの症状が強へれば、小柴胡湯を合方します。
肝胆の湿熱をさばきますので鼻より下にできる吹き出物などに良く使用します。

【使用目標】
竜胆瀉肝湯 鼠径部のリンパの張り

陰部の掻痒感

尿が濃い

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 胃腸の弱い人には慎重に使用します
【臨床応用】 高血圧症・自律神経失調症・急性結膜炎・急性中耳炎・耳前庭や外耳道の癰・急性胆のう炎・急性肝炎などで、肝胆火旺を呈するもの。急性尿路系炎症(腎盂炎・膀胱炎・尿道炎)・急性睾丸炎および副睾丸炎・急性湿疹・急性骨髄内炎症・急性前立腺炎・膣炎・帯状疱疹などで、湿熱を呈するものに使用します

竜胆瀉肝湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.