川芎茶調散のことなら家庭の中医学。川芎茶調散の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  川芎茶調散 中医学処方解説 センキュウチャチョウサン
川芎茶調散エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 川芎茶調散
 

「川芎茶調散」は、漢方の古典といわれる中国の医書「和剤局方」に収載されている薬方で、主薬の川芎をはじめ白芍・羌活など9つの配合生薬からなる漢方処方の薬です。


日本漢方の効能・・・かぜ、血の道症、頭痛

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  川芎茶調散 処方構成
川芎香附子各3.0
薄荷荊芥防風白芷羗活各2.0;
甘草・細茶(茶葉)各1.5

  川芎茶調散 中医学解説
【効能】 疏風散寒、止頭痛
【適応症】 風寒(風熱)による頭痛に対する代表処方です。外風を除いたり、内風を静めたりする効能をもち、風病を改善する方剤です。
突発性の頭痛で、悪寒・発熱・鼻づまりなどの表証をともないます。めまいがみられることもあります。舌苔は白薄・脈は浮。
【類方比較】 立効散:止痛に用います。口に含んで局所に浸潤させて使用します。
麻黄湯:咳嗽、喘鳴あり.発熱悪寒、体痛があります。
葛根湯:顔面、耳、上気道などに急性の炎症があり、項背。こりを訴える場合に用います。
【解説】

風病とは、自然界の風に似て、急激に発症したり動揺性・変動性の症状を呈する病変を指します。その風病の範囲は非常に広く病状も変化を示しますが大きく「外風」と内風に分けられます。

「外風」は風邪が外界から侵入して肌表・経絡・肌肉・骨節などに停滞したもので、風邪単独では深く入ることはなく、寒・湿・熱などの邪が結びついて病変をひきおこします。

川芎茶調散は風と寒が侵入したもので感冒の初期、三叉神経痛がこれにあたります。袪風の荊芥・防風・羌活・白芷・薄荷で風邪を除いて止痛するとともに疏肝の香附子・川芎で肝気をスムーズにながして風邪の侵入を防止します。

羌活・防風・荊芥は、太陽頭痛に、白芷・薄荷は陽明頭痛に、香附子・川芎は少陽・厥陰頭痛に、それぞれ有効です。

【治療の現場から】 情緒の変動により頭痛するときは、四物湯を合方します
頭痛・偏頭痛がして反復して長期間治癒せず、感冒や情緒変動などによって誘発される頭風に使用します。
【臨床応用】 感冒・インフルエンザ・鼻炎・副鼻腔炎などで、風寒の頭痛を呈するもの。偏頭痛・血管痙攣性頭痛・神経性頭痛などにも試用してかまいません。

川芎茶調散の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.