天王補心丸のことなら家庭の中医学。天王補心丸の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権

天王補心丸
天王補心丸の
通信販売はこちら

 

 
  天王補心丸 中医学処方解説 テンノウホシンガン
天王補心丸
 天王補心丸
 

「天王補心丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書『摂生秘剖[セッショウヒボウ]』に収載されている薬方です。不眠やのぼせに用います漢方薬です。


日本漢方の効能・・・体質虚弱な人の次の症状:不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ


  天王補心丸 処方構成
地黄6
当帰麦門冬天門冬各5
柏子仁酸棗仁各4
茯苓人参玄参丹参五味子遠志桔梗各3

  天王補心丸 中医学解説
【効能】 滋陰清熱・養心安神
【適応症】 心腎陰虚に用います。寝つきが悪い・眠りが浅い・夢が多い・動悸・健忘・いらいら・口渇・ときに口内炎が生じる・手のひらや足の裏のほてり・体の熱感・寝汗・腰や膝がだるいなどの症状があります。舌質は暗紅で乾燥・舌苔は少ない。
【類方比較】 十全大補湯:体力が衰えて顔色が悪く、疲労倦怠感を訴えるが、本方よりも神経症状が軽度の場合に用います。(気血両虚と虚寒)
桂枝加竜骨牡蛎湯:貧血はあまりないが、精神不安、不眠、陰萎などを訴える場合に用います。
(気血不足と陽虚)
黄連解毒湯:興奮、のぼせの傾向を伴い、比較的急性に起こる出血の場合に用います。(血熱妄行)
【解説】

滋陰養血の地黄・麦門冬・天門冬・玄参・当帰で心の陰血を補充し、安神の茯苓・丹参・五味子・柏子仁・遠志・酸棗仁で心神を安定させる。党参は補気を通じて生血し、桔梗は諸薬の効能を上部に導きます。

【治療の現場から】

消化器が弱ければ参苓白朮散と併用してください。

【使用上の注意】 冷え症の人には使用しない。
【臨床応用】 不眠症・自律神経失調症・神経衰弱・発作性頻脈・心臓神経症・健忘症・口内炎・甲状腺機能亢進症・高血圧症などで、心腎陰虚を呈するもの。

天王補心丸の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.