小建中湯のことなら家庭の中医学。小建中湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
小建中湯 中医学処方解説 ショウケンチュウトウ
小建中湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 小建中湯
 

/「小建中湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『傷寒論[ショウカンロン]』『金匱要略[キンキヨウリャク]』に収載されている薬方です。体質虚弱で疲れやすく頻尿を伴う子どもの夜尿症に効果があります。慢性胃腸炎で胃腸が弱く、緊張したときに腹痛があったりする人に多く用いられます。 顔色がすぐれず、よく動悸がする人の疲れやだるさに効果があります。


日本漢方の効能・・・体質虚弱で疲労しやすく、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿及び多尿などのいずれかを伴う次の諸症:小児夜尿症、夜なき、小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  小建中湯 処方構成
芍薬6.0
桂枝大棗生姜各3.0
甘草2.0
膠飴20.0

  小建中湯 中医学解説
【効能】 温中散寒・補気健脾
【適応症】 脾虚または気血不足の腹痛(顔色わるい、疲れやすい、食が細い、腹痛があり暖めると軽減する)。身体虚弱者や小児の感冒薬としても用いられます。
【類方比較】 桂枝加芍薬湯:腹痛は同様であるが、排便異常がある場合に用います。
柴胡桂枝湯:しばしば腹痛を伴い、腹直筋の緊張は同様であるが、肋骨弓下部に抵抗、圧痛(胸脇苦満)および季肋部の苦満感を呈する場合に使用します(心下支結)。
桂枝加竜骨牡蛎湯:下腹部の腹直筋が緊張。腹部大動脈の拍動が亢進し、神経過敏、精神不安などが顕著な場合に用います。
八味地黄丸:手足煩熱、軽度の口渇、頻尿などの排尿異常を伴うが、胃腸症状がなく、腹直筋の緊張を認めない場合に用います。少腹不仁があります。
人参湯:裏寒、腹痛下痢があっても軽く慢性的です。
補中益気湯:疲労感著明、弛緩体質の虚労、腹直筋の緊張や腹痛はなく手足倦怠の症状に用います。
【解説】

芍薬は、中枢性、末梢性に平滑筋、骨格筋のけいれんを抑制し鎮痛します。甘草・大棗・膠飴・桂枝は、鎮痙作用があります。生姜・桂枝は、血行を促進し、消化管の分泌を高め消化吸収を強めます。膠飴は、大量の麦芽糖やたんばく質を含み栄養補給を行います。

【治療の現場から】 冷え腹の腹痛・胃痛には、人参湯を合方します。
小建中湯 腹直筋の異常な引きつりを訴える人が多い

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 慢性胃炎・胃十二指腸潰瘍・慢性結腸炎・消化不良症・その他の慢性疾患で、脾胃虚寒の症候を呈するもの。あるいは急性胃炎・急性腸炎などで、脾胃実寒(寒邪直中)を呈するものに使用します。

小建中湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.