八味地黄丸のことなら家庭の中医学。八味地黄丸の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  八味地黄丸 中医学処方解説 ハチミジオウガン
八味地黄丸エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 八味地黄丸
 

「八味地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書『金匱要略[キンキヨウリャク]』に収載されている薬方です。
別名 仲景八味丸 仲景八味地黄丸


日本漢方の効能・・・疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少または多尿で、ときに口渇がある次の諸症:頻尿、排尿困難、老人のかすみ目、下肢痛、腰痛、しびれ、かゆみ、むくみ

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  八味地黄丸 処方構成
地黄6.0
山茱萸山薬沢瀉茯苓各3.0
牡丹皮2.5
桂枝1.0
附子0.5(適宜増量)

  八味地黄丸 中医学解説
【効能】 温補腎陽
【適応症】 腎陽虚の代表処方です。腰や膝がだるく力がない・知力減退・動作が緩慢・ふらつき・耳鳴・下半身や四肢の冷え・寒がる・嗜眠傾向・インポテンツ・尿量が少く頻回あるいは尿量過多・排尿に時間がかかる・排尿困難あるいは失禁・夜間多尿・遺尿など。舌質は淡白で湿潤・舌苔は白膩・脈は沈・尺脈が弱。 腎陰陽両虚:上記症状とともに、ほてり・口渇・いらいらなどの陰虚の症候もときにみられるものに使用します。
【類方比較】 六味丸:腎陰虚、虚熱の症状があります。
小建中湯:虚労(倦怠感が著しい)、裏急(腹壁が薄く腹直筋の上の方がつっ張っている)、尿異常なしなどの症状に用います。
桂枝加竜骨牡蠣湯:精力減退、多尿など腎陽虚の症状があります。腹部の動悸があります。尿異常はありません。少腹弦急、(気血不足、虚陽)
【解説】

腎・膀胱の働きが弱まり、水分代謝が悪くなり冷えや排尿異常が出てきます。さらに血液の循環も悪い為に脱力感・皮膚の乾燥・咽の渇きがおきてきます。

山茱萸は、腎・膀胱の働きを良くします。山薬で排尿異常をととのえ腰から下を温めます。

地黄・牡丹皮は、血液の循環を良くし 茯苓・沢瀉は、水分代謝を整えのどの渇きを止めます。附子・桂枝で、体を温め冷えを改善します。

【治療の現場から】

冷えが強いときには、人参湯などを合方します。
食欲不振、元気がない、気力がないなどの気虚の症候、あるいは八味地黄丸を服用して胃腸に負担がかかるときは、六君子湯補中益気湯人参湯などを合方します。
浮腫が強ければ、五苓散苓桂朮甘湯などを合方します。

八味地黄丸 上腹部に比べ下腹部が軟弱無力の状態(臍下不仁)

腰痛倦怠・下半身が弱い

夜間排尿

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 熱のある人には使用しません。
【臨床応用】 脳溢血、動脈硬化症、腎性高血圧、腰痛、陰萎、精力減退、夢精、慢性腎炎、萎縮腎、膀胱炎、前立腺肥大、婦人科尿閉、帯下、脚気、腰痛、脚弱、糖尿病、倦怠感、多尿、頻尿、尿利減少、白内障

八味地黄丸の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.