牛車腎気丸のことなら家庭の中医学。牛車腎気丸の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
牛車腎気丸 中医学処方解説 ゴシャジンキガン
牛車腎気丸エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 牛車腎気丸
 

「牛車腎気丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書『済生方[サイセイホウ]』水腫門項に記載されている薬方です。腎気を強める薬剤として知られている「八味地黄丸」に牛膝[ゴシツ]と車前子[シャゼンシ]を加えたものです。 従て効能・効果は八味地黄丸と同じですが、特に尿量減少の甚だしいもの、腰痛に用いられます。 尿量減少があり、疲れやすくて四肢が冷えやすい人の腰痛、下肢痛、むくみ、しびれ、排尿困難、頻尿、かゆみ、老人のかすみ目に効果があります。
別名 牛車八味丸 加味腎気円


日本漢方の効能・・・疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  牛車腎気丸 処方構成
地黄6.0
山薬沢瀉牡丹皮山茱萸茯苓牛膝車前子各3.0
桂枝1.0
附子0.5(適宜増量)

  牛車腎気丸 中医学解説
【効能】 温補腎陽・利水
【適応症】 腎陽虚の症状に浮腫、尿量減少をあらわすもの、いわゆる腎虚水泛の代表処方です。牛車腎気丸は八味地黄丸に牛膝、車前子を加えた処方で、風寒湿に犯されて、気血の流れが滞ることによって起こるしびれや痛みを治し、膀胱の湿熱を涼して水分の巡行をうながし、小便の出しぶりや下肢のむくみが一段と激しいものに用います。
【類方比較】 六味丸:皮膚はやや乾燥し、虚熱の症状があります。(腎陰虚)
八味地黄丸:足腰の冷え、脱力、臍下不仁は同様ですが、排尿異常とくに夜間頻尿、浮腫などが幾分軽度です。(腎陽虚)
牛車腎気丸と八味地黄丸との違いは、特に腰痛や膝の痛みが激しく、更に尿量減少、下肢のむくみの強いものに牛車腎気丸を用います。
【解説】

地黄・山茱萸・山薬は、豊富な栄養物を含み、体を栄養、滋潤し抵抗力を高め異化作用を抑えます(滋補肝腎)。

地黄は強心、抗アナフィラキシー作用を、山茱萸は白血球増加、止汗、遺精をとめる作用を、山薬は消化吸収促進、止瀉作用をもちます。

牡丹皮は、解熱、抗菌に働き、牡丹皮・沢瀉は、自律神経系の興奮をしずめます(清虚熱)。

茯苓・沢瀉は、組織中や消化管内の水分を血中に吸収して利尿作用によって除きます(利湿)。

地黄・山薬・沢瀉は血糖降下作用をもち、山茱萸・沢瀉・牡丹皮は、血圧降下作用をもちます。

牡丹皮は、血管拡張により血行を促進し、子宮粘膜を充血させ、月経を正常化します。

桂枝・附子は、循環を促進して体をあたため、全身諸機能を高めます(温補腎陽)。

附子は、下垂体一腎皮質の興奮、性機能促進などの作用をもち、沢瀉・茯苓などの利尿作用が附子・桂枝の補助により強められ、牛膝・車前子は、補益性をもち利尿を強めると共に牛膝は血管拡張により血行を促進し、とくに下半身の循環を改善します。

【治療の現場から】 冷えが強いときは、人参湯などを合方します
元気がない、疲れやすい、食欲不振などの気虚をともなうときは、六君子湯人参湯補中益気湯などを合方します。
浮腫が強ければ、当帰芍薬散などを合方します
麦味地黄丸(八仙長寿丸) 上腹部に比べ下腹部が軟弱無力の状態(臍下不仁)

腰痛倦怠・下半身が弱い

夜間排尿

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、うっ血性心不全、老人、その他の慢性疾患で腎陽虚の水腫を呈するもの

牛車腎気丸の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.