猪苓湯のことなら家庭の中医学。猪苓湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
猪苓湯 中医学処方解説 チョレイトウ
猪苓湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 猪苓湯
 

「猪苓湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『傷寒論[ショウカンロン]』『金匱要略[キンキヨウリャク]』に収載されている薬方です。残尿感、尿量の減少や、尿がでにくいなどの症状に果があります。排尿時の痛みを緩和します


日本漢方の効能・・・尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感のあるもの

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  猪苓湯 処方構成
猪苓茯苓沢瀉阿膠滑石各3.0

  猪苓湯 中医学解説
【効能】 利水清熱・滋陰止血
【適応症】 発熱・熱感・下痢とともに口渇・尿量減少がみられ、いらいら・不眠などをともなうことがあります。また、濃縮尿とともに血尿・下腹部痛・排尿痛なども生じることが多くみられます。舌質は紅・舌苔は黄から黄膩・脈は数~数滑。浮腫に用いますこともあります。
【類方比較】 五苓散:口渇、尿量減少などはあるが、排尿痛、血尿などがなく、むしろ頭痛、めまいなどの症状を呈する場合に用います。
八味地黄丸:口渇、軽度の排尿痛のはか、全身倦怠感、足腰の冷えや痛みを訴える場合に用います。腎虚の証。
竜胆潟肝湯:膀胱、尿道、生殖器に急性または亜急性の炎症症状がより顕著である場合に用います。肝経の実火と湿熱。
【解説】

茯苓・猪苓・沢瀉・滑石は、組織中や消化管内の水分を血中に吸収して、利尿により排除します(利水湊湿)。

この作用により、浮腫、下痢を緩解し、尿量を増して尿を稀釈し高滲透圧性の尿路刺激をやわらげます。

猪苓・沢潟・滑石は、軽度の抗菌、消炎作用があります(清熱)。

阿膠は、滋養強壮作用により体を滋潤、栄養し、また止血に働きます(滋陰止血)

【治療の現場から】 炎症が強ければ、黄連解毒湯などを合方します
肝欝が強ければ、加味逍遥散柴胡桂枝乾姜湯などを合方します
皮膚のかさつきなど血虚の症状があれば、四物湯を合方します。
加齢などにより、腎虚をともなうときは、六味丸を合方します
猪苓湯 下腹部に緊張がみられる

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 胃腸炎・軽度の尿路系炎症・尿路結石・腎炎などで、湿熱の症候を呈するものに使用します。

当帰四逆加呉茱萸湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.