桂枝加芍薬大黄湯のことなら家庭の中医学。桂枝加芍薬大黄湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  桂枝加芍薬大黄湯 中医学処方解説 ケイシカシャクダイオウトウ
桂枝加芍薬大黄湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 桂枝加芍薬大黄湯
 

「桂枝加芍薬大黄湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論」に収載され、腹がはってしぶり腹に用いる「桂枝加芍薬湯」という処方に大黄を加えた薬方です。腹がはって、腹部膨満感や腹痛がある方の便秘、しぶり腹に効果があります。


日本漢方の効能・・・腹がはって、腹部膨満感、腹痛があり、便秘するものの次の諸症: 便秘、しぶり腹

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  桂枝加芍薬大黄湯 処方構成
芍薬6.0
桂枝生姜大棗各4.0
甘草2.0
大黄1.0(適量)

  桂枝加芍薬大黄湯 中医学解説
【効能】 温中散寒、補気健脾
【適応症】 脾虚あるいは気血不足のものの腹痛に用います。顔色がさえない・動きたがらない・やや疲れやすい・食が細いなどの体質で、ときに腹痛(臍周囲のけいれん性疼痛が多い)があり暖めたり押さえると軽減する状態に使用します。なお、頻尿で量が少い・汗をかきやすい・動悸などをともなうことがあります。舌質は正常か淡紅・舌苔は薄白・脈は軟やや弦。
【類方比較】 桂枝加芍薬湯も、桂枝湯・小建中湯と同じく、酸甘化陰・辛甘扶陽の配合であり、営衛・気血・陰陽を調和し化源を補充することができるので、小建中湯よりも補益性が弱く、桂枝湯よりも養営和陰に長じた処方とみなし、雑病に広く応用します。毛しか芍薬大黄湯の方が症状が裏急後重の症状が強い場合に用います。 「雑病(急性熱病):以外の統一性のない種々の病気」
【解説】

小建中湯から温中補虚の膠飴を除いたものに大黄をたしたものです。脾胃を振奮する甘草・生姜・大棗・桂枝と補血柔肝の白芍の配合で、肝気が脾胃に乗じないようにしています。

【治療の現場から】

陽虚が明らかな便秘であれば人参湯を合方します。
陽虚か気虚の判断のつかない便秘に用います。

桂枝加芍薬大黄湯 筋肉の異常緊張で、手足が曲がって引きつる拘攣が右直筋にあります。
裏急後重の症状が強くあります。
裏急後重とは、腹痛がして排便したがり、排便の時に肛門のところに重く落ち込む感覚を有します。

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 けいれん性便秘・過敏性結腸症候群などで、便が切れ切れ・細い・すっきり出ないなどの症状をともなうものにてきしています

桂枝加芍薬大黄湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.