麻黄附子細辛湯のことなら家庭の中医学。麻黄附子細辛湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  麻黄附子細辛湯 中医学処方解説 マオウブイサイシントウ
麻黄附子細辛湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 麻黄附子細辛湯
 

「麻黄附子細辛湯」は、『傷寒論[ショウカンロン]』の小陰病篇に記載されている薬方で、特に疲労感があり、悪感の強い感冒に用いられてきました。また、浅田宗伯の『勿誤方凾口訣[フツゴホウカンクケツ]』には痰の多い咳嗽(せき)、感冒が長びいて疲れている者に効果があると記載されています。
別名 麻黄細辛附子湯


日本漢方の効能・・・悪寒、微熱、低血圧で頭痛、めまいあり、四肢に疼痛、冷感あるもの。感冒、気管支炎、咳嗽

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  麻黄附子細辛湯 処方構成
麻黄4.0;
細辛3.0;
附子1.0(適量)

  麻黄附子細辛湯 中医学解説
【効能】 補陽・辛温解表・利水
【適応症】 悪寒・発熱・頭痛・無汗・身体痛などの表寒の症候に、元気がない・横になっていたい・声に力がない・四肢の冷え・顔色があお白い・食欲がないなどの陽虚の症候をともなう人に使用します。舌質は淡白・舌苔は白滑・脈は沈で無力あるいは浮大で無力。
【類方比較】 再造散:「麻黄附子細辛湯」のベースになる処方
【解説】

辛温の麻黄で風寒を発散して除き、温陽散寒の附子で陽気を補うともに散寒します。

辛温の附子は、辛散により麻黄の発散をを助け、また細辛は、温経散寒により附子を助けます。

発散して陽気を傷つけず温陽して邪を残さない。陽虚の老人・虚弱者の風邪によく使います。

【治療の現場から】 浮腫が明らかな場合は、苓桂朮甘湯五苓散などを合方します。
疲労感・無力感・食欲不振などの気虚の症状が強ければ、補中益気湯を合方します。
麻黄附子細辛湯 体の芯から冷える。
老人や虚弱者の悪寒を伴う風邪、鼻水などの症状に用います。

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【使用上の注意】 麻黄附子細辛湯は陽虚の外寒に適しますが、陽虚の程度がなお軽い場合に用います。陽気の衰弱が強く、消化不良性下痢・脈が微弱などを呈しているときには、用いてはならない。
【臨床応用】 感冒・インフルエンザ・気管支炎・急性腎炎などの初期で、陽虚の表寒を呈するもの。クインケ浮腫・腎炎浮腫・関節リウマチ・神経痛・腰痛症・慢性気管支炎・アレルギー性鼻炎の発作期などで、寒証や痰湿を呈するものにも用います。

麻黄附子細辛湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.