当帰四逆加呉茱萸生姜湯のことなら家庭の中医学。当帰四逆加呉茱萸生姜湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
金時しょうが

冷え・痛み・張りなどに

金時しょうがの
通販はコチラから
  当帰四逆加呉茱萸生姜湯 中医学処方解説 トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
 

「当帰四逆加呉萸生姜湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」に収載されている薬方です。冷えによって起きるしもやけや、下腹部の痛み、腰の痛み、頭痛などに効果があります。寒冷刺激が引き金で発生するしもやけを、手足の末梢血管の血行を促進して改善します。
別名 当帰回逆加呉茱萸生姜湯


日本漢方の効能・・・手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢又は下腹部が痛くなり易いものの次の諸症:しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  当帰四逆加呉茱萸生姜湯 処方構成
大棗5.0
生姜4.0
当帰芍薬木通桂枝各3.0
細辛甘草呉茱萸各2.0

  当帰四逆加呉茱萸生姜湯 中医学解説
【効能】 温経散寒・養血通脈
【適応症】 血虚受寒にもちいます。寒冷によって生じます。四肢や下腹部の冷えと痛み・しびれあるいはしもやけなどで、舌質は淡白・舌苔は白で普段から栄養状態が悪くしびれなどを伴うものに多い。月経通・腹痛・嘔吐などをともなうものや冷えの強いものにもちいます。
【類方比較】 当帰芍薬散:顔色がすぐれず、冷え症の傾向があり、下腹部に軽度の抵抗と圧痛を認める場合に合に用います。(血虚+水毒)
桂枝茯苓丸:痰湿や貧血傾向が少なく、下腹部の自発痛、圧痛がより顕著な場合に用います。(瘀血の証)
加味逍遥散:精神不安、不眠などの神経症状や熱証があって、多彩な愁訴をより強く訴える場合に用います。
【解説】

当帰四逆湯に暖肝止痛の呉茱萸と脾胃を振奮させる生姜を加え、散寒を強めています。血虚寒凝に対しては、耗血の恐れのある乾姜・附子などを用いたくないので、このような配合になっています。補血の当帰・芍薬で血脈を充養し、散寒通経の桂枝・細辛・当帰と通経脈の通草で寒凝を除き血脈を通じさせます。甘草・大棗は健脾を通じて他薬を補佐しています。呉茱萸・生姜は胃寒の嘔吐にも有効ですから、血虚寒凝で嘔吐・頭痛などを呈する場合にも使用できます。

【治療の現場から】

胃腸の調子が悪ければ、人参湯を合方します。

【使用上の注意】 のぼせのある人には使用しません。
【臨床応用】 レイノ-氏病・血栓性静脈炎・しもやけ・慢性関節リウマチ・慢性関節炎・月経困難症・神経痛・腰痛症・胃十二指腸潰瘍などで、血虚と冷え・痛みのみられるものに使用します

当帰四逆加呉茱萸湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.