知柏地黄丸のことなら家庭の中医学。知柏地黄丸の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説

知柏地黄丸
知柏地黄丸の
通信販売はこちら

 

 
知柏地黄丸 中医学処方解説 チバクジオウガン
知柏地黄丸
 知柏地黄丸
 

「知柏地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書『医宗金鑑[イソウキンカン]』に収載されている薬です。日本でもよく知られている「六味地黄丸[ロクミジオウガン]」に知母[チモ]と黄柏[オウバク]を加えた処方で口渇、疲れ・だるさなどの症状を伴う場合に用いられます。口渇、腰痛、疲労O怠感、手足のしびれ、頻尿などに効果があります。


日本漢方の効能・・・口渇、腰痛、疲労倦怠感、手足のしびれ、頻尿、むくみ、手足の冷感

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ


  知柏地黄丸 処方構成
知母黄柏各9.0
地黄8.0
山茱萸山薬各4.0
牡丹皮茯苓沢瀉各3.0

  知柏地黄丸 中医学解説
【効能】 滋補肝腎・清熱瀉火
【適応症】 肝腎陰虚:頭がボーッとする・頭がふらつく・思考力減退・めまい感・耳鳴・難聴・腰や膝がだるく力がない・口渇(とくに夜間)・咽の乾き・体の熱感・手のひらや足のうらのほてり・歯の動揺・寝汗・遺精・性欲の仮亢進(勃起不全・早漏・快感がないなどの機能不全をともなう)・尿が濃い・尿の余瀝・便がかたいなどの症候。肝腎陰虚で陰虚火旺の症候があきらかなもの女性では、無月経・経血量が少い・無排卵などがみられます。舌質は紅~暗紅で乾燥・舌苔は少いあるいは無苔・脈は細数~弦細数。乳幼児・小児の発育不良や知能の発達不良などにも用います。
【類方比較】 六味丸:腎陰虚、虚熱の症状があります
杞菊地黄丸:六味丸に枸杞・菊花を配合しめまい、眼精疲労に用います。
【解説】

滋補腎陰の地黄が主薬です。

養肝益腎・渋精の山茱萸と滋腎補脾・滋精の山薬が地黄を補佐し、肝・脾の陰を滋補し精の漏出を防止することにより滋腎を強めます。

利水滲湿の沢瀉・茯苓は陰虚で流動性をなくした湿濁を取り除き清虚熱の牡丹皮と清熱の沢瀉は陰虚の内熱を冷まします。

これら六味丸の処方に瀉火の知母・黄柏を加えて陰虚火旺に適用しています。

【治療の現場から】 のぼせ、はてり、イライラ、顔が赤いときは、加味逍遥散を合方します
食欲不振・軟便傾向にある場合は、参苓白朮散を合方します
【臨床応用】 自律神経失調症・高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・慢性腎炎・甲状腺機能亢進症・肺結核・慢性尿路感染症・気管支喘息・強皮症などの慢性疾患や、無排卵・無月経・過少月経などの婦人科疾患などで、肝腎陰虚で陰虚火旺を呈するものに使用します。あるいは小児や乳幼児の発育不良・知能発達不良などに使用します。

知柏地黄丸の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.