花粉症(アレルギー性鼻炎)と漢方薬のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
通竅の画像
通竅は、中医学の基本理念に従い、中医学理論に基づいて製品化された漢方サプリメントです。通竅のご購入はコチラから
 
  花粉症(アレルギー性鼻炎)と漢方薬

花粉症と中国伝統の漢方薬理論


アレルギー性鼻炎などの花粉症と中国伝統の漢方薬理論である中医学による解説
花粉症(アレルギー性鼻炎)と漢方薬(中医学)
西洋医学から見た花粉症
中医学に見る花粉症の原因と症状
花粉症の治療と予防
花粉症の治療と予防と通竅
   
1 花粉症(アレルギー性鼻炎)と漢方薬(中医学)
  花粉症(アレルギー性鼻炎)と漢方薬 春先になると「花粉症」に代表されるように、アレルギー性鼻炎に悩まされる人が、近年急増しているといわれています。
 アレルギー性鼻炎とは、鼻腔粘膜が特定の物質に対して反応を起こす鼻炎を指します。くしゃみ、鼻水、鼻づまりが3大症状で、目のかゆみや充血、全身症状(食欲不振、疲れ)などを伴うこともあります。
 アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)には、スギやヒノキなどの花粉のほか、ブタクサ、ダニ、ハウスダスト、ペットの抜け毛など身の回りのありとあらゆるものがあり、季節性のものと通 年性のものに分けられます。 
 最もポピュラーなアレルゲンは春先の花粉。しかし、同一の環境下にいても、すべての人が花粉症になるわけではありません。

 アレルギー性鼻炎は「水分代謝が悪く、体の防衛力が弱い人がかかりやすい」と漢方では捉えています。水分代謝は水分の取りすぎや過労、ストレスなどによって悪化し、代謝されない栄養水が体内に残ったため体の生理機能も影響を受けて防衛力が低下します。
 そこに花粉などの異物が侵入して引き起こされるのがアレルギー性鼻炎です。ですから花粉などの外的な原因よりも、むしろその人の内部に問題があると考えられています。こうしたアレルギー性鼻炎に対し、漢方は次のような働きによって改善します。花粉などのアレルゲンを除去。水分代謝を改善する。呼吸機能全般 の働きを強め、再発を予防する。

 漢方では鼻炎のタイプにより、処方を使い分けます。 漢方薬はアレルゲンも除去し再発防止効果も
まず「冷えの鼻炎」-薄い鼻水が一日中止まらす、くしゃみを繰り返すといった花粉症に多く見られる症状の鼻炎。鼻水やくしゃみなどは、体に冷えを抱えていると考えられており、こうした症状には『小青竜湯』が適しています。この薬には体を温めながら水の代謝を調整し、アレルゲンを除去していく働きがあります。

 次に「冷えプラス鼻づまりの鼻炎」-くしゃみや鼻水が治まっても、鼻づまりだけが残ってしまう鼻炎には、冷えだけでなく、つまっている鼻を通 す治療を施す必要があります。それが『葛根湯加川芎辛夷』。この薬は葛根湯に、血行促進作用と鼻を通 す働きのある川芎と辛夷をプラスしたもので、アレルゲンを排除するとともに、体を温め鼻づまりを改善します。

 3つ目は「熱(炎症)の鼻炎」-鼻炎は慢性化しやすい疾患のひとつで、慢性化してくると熱を帯びてくる傾向にあります。鼻水が粘り気を帯びて膿のような鼻汁が出たり、目のかゆみ、充血、口の渇きなどの症状も現れます。こうした鼻炎には『荊芥連翹湯』が適しています。この薬は抗炎症作用によって上半身の炎症(粘い鼻水、目の充血など)を鎮めるとともに、慢性鼻炎を調整する働きがあります。またアレルギー性鼻炎だけでなく、蓄膿症などや通 年性の鼻炎にも適しています。

 アレルギー性鼻炎は体質そのものが問題。日頃から体質改善に努めることが大切です
鼻炎に効果的な漢方薬3種。『荊芥連翹湯』は鼻づまりの強い慢性鼻炎や、濃い鼻水の出る蓄膿症・鼻づまりに効果 があります。『葛根湯加川きゅう辛夷』は鼻や顔、上半身体表の血液循環を促進し、うっ血を除く作用があり、水分代謝を高め鼻づまりや、慢性鼻炎に効果 あり。『小青竜湯』は体内の水分代謝を改善することにより、鼻水、鼻炎、うすい水様のたんを伴う咳に効果 があります
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.