柴陥湯のことなら家庭の中医学。柴陥湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  柴陥湯 サイカントウ
柴陥湯
 柴陥湯
 

柴陥湯は、小柴胡湯と小陥胸湯の半量ずつの合方であり、両方の処方から1文字ずつとって名付られた処方です。


日本漢方の効能・・・咳、咳による胸痛

  柴陥湯 処方構成
柴胡6.0;半夏5.0;生姜4.0;黄芩・人参・大棗・括呂仁各3.0;甘草2.0;黄連1.0

  柴陥湯 中医学解説

【効能】 和解半表半裏兼解表・疏肝健脾
【適応症】 強いせきが出て胸痛がし、痰も切れにくいもの。多くは胸脇苦満があり、咳、胸痛、食欲不振や微熱などを伴うものに使用します。
【類方比較】 五虎湯:咳嗽、喘鳴著明、口渇と発汗が著しい。(肺熱)
麻黄湯:咳嗽、喘鳴あり.発熱悪寒、体痛があります。
麦門冬湯:大逆上気、咽喉不利、咽がイガイガして、反射性の烈しい乾咳。(肺胃陰虚)。
【解説】

柴陥湯は、和解半表半裏の通暢少陽枢機の小柴胡湯と清化熱痰の小陥胸湯を合わせたもので、半表半裏証や少陽枢機不利で咳・胸痛・黄色痰などの熱痰を伴う場合に使用します。、

【治療の現場から】

情緒の変動により体調が悪化しますのでリラックスすること

【臨床応用】 咳、咳による胸痛、気管支炎、肋膜炎、肋膜炎の胸痛、気管支喘息、胆石症、肋間神経痛など

漢方相談の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.