苓姜朮甘湯のことなら家庭の中医学。苓姜朮甘湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  苓姜朮甘湯 中医学処方解説 リョウキョウジュツカントウ
苓姜朮甘湯
 苓姜朮甘湯
 

「苓姜朮甘湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『金匱要略[キンキヨウリャク]』に収載されている薬方です。腰から下が冷えて痛み、腰が重く感じたり、尿の量や回数が多くなり、また冷えからく夜尿症などにも用いられます。
別名 甘草乾姜茯苓白朮湯・茯苓乾姜白朮甘草湯


日本漢方の効能・・・腰に冷えと痛みがあって、尿量が多い次の諸症。 腰痛、腰の冷え、夜尿症

  苓姜朮甘湯 処方構成
茯苓6.0
白朮3.0
甘草乾姜各2.0

  苓姜朮甘湯 中医学解説
【効能】 袪湿散寒・止痛
【適応症】 下焦の寒湿にもちいる。腰から下が冷えて痛む・甚しいければ水の中に坐っているような感じ・腰以外が重だるい・軽度の浮腫・よだれが多いなどの症候があり、食欲は普通で口渇はなく尿量は多い症状があります。舌苔は滑・脈は沈。
【類方比較】 半夏白花天麻湯:胃腸症状が著明で、冷え症で、頭痛、頭重感とともに目まいを訴えます。
五苓散:口渇、尿量減少があって、めまい、頭痛、嘔吐などがあります
当帰芍薬散:動悸、めまいを訴えることがある・貧血と浮腫傾向がります
【解説】

温中散寒の乾姜と健脾利水の白朮・茯苓・甘草の配合で寒湿を除去するとともに、脾運を強めて内湿の産生を防止します。

【治療の現場から】

食欲不振、疲れやすい、下痢傾向などの脾気虚の症候が強ければ、人参湯を合方します。

【使用目標】
苓姜朮甘湯 臍上で動悸をふれることが多い

下半身の異常な冷え

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 腰痛症・坐骨神経痛・夜尿症・妊娠浮腫・白色帯下・冷え性などで、下焦の寒湿を呈するものに使用します。

苓姜朮甘湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.