薏苡仁湯のことなら家庭の中医学。薏苡仁湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  桂枝湯 ケイシトウ
桂枝湯
 桂枝湯
 

「桂枝湯」は、漢方の原典である傷寒論(しょうかんろん)に記載されている漢方薬です。自汗があるような体力が低下している時の風邪の初期で、頭痛がしたり、のぼせたり、熱が出てゾクゾクする症状がある方に用いられています。


日本漢方の効能・・・体力が衰えたときの風邪の初期

  桂枝湯 処方構成
桂枝・芍薬・生姜・大棗各4.0;甘草2.0

  桂枝湯 中医学解説

【効能】 解肌発表・調和営衛
【適応症】 表寒・表虚に対する基本処方です。
【類方比較】 麻黄湯:項背部のこわばりより、筋痛、腰痛、関節痛が著明で喘咳があります。
麻黄附子細辛湯:感冒様症状がありますが、発熱せず悪寒だけがあります。
葛根湯:本方と同じく表寒表実証に用います。腰痛、関節痛がなく項背強痛がある。
小青竜湯:裏寒と表証、鼻水。くしゃみがあります。
【解説】

辛温の桂枝・生姜で風寒の邪を散らし散斂の芍薬と滋営の大棗で津液を補充しかつ津液が漏れ無いようにします。甘草は、抗利尿作用などによって津液の漏れを防いだり諸薬の調和を行います。

【治療の現場から】

脾陽虚が明らかな場合は、人参湯を併用します

【臨床応用】 感冒・インフルエンザ・その他の感染症で表寒・表虚のある物に使用します。寒冷蕁麻疹・皮膚掻痒症・湿疹・神経痛・筋肉痛

漢方相談の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.