潤腸湯のことなら家庭の中医学。潤腸湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
潤腸湯 中医学処方解説 ジュンチョウトウ
潤腸湯
 潤腸湯
 

「潤腸湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「万病回春マンビョウカイシュン」に収載されている薬方で、便秘に用います。


日本漢方の効能・・・便秘

  潤腸湯 処方構成
当帰地黄各4.0
麻子仁桃仁杏仁枳実厚朴黄芩各2.0
甘草1.5;大黄1.0(適量)

  潤腸湯 中医学解説
【効能】 滋陰補血・潤腸通便
【適応症】 口が渇く・咽の乾燥・午後の熱感・手のひらや足の裏のほてり・盗汗・やせるなどの陰虚および血虚の症候に、兎糞状の便あるいは便秘を伴うものに用います。腹が軟弱で左下腹部に索状に連なる便塊をふれることがあります。舌は紅で乾燥・舌苔は少・脈は細数。
【類方比較】 麻子仁丸:潤下の代表処方です。潤下とは、瀉下力の緩やかな薬物を用いて便秘を治療する方法で、緩下とも言います。
【解説】

滋陰陽血の地黄・当帰、潤腸通便の麻子仁・桃仁・杏仁、泄熱瀉下の大黄・黄芩、行気の厚朴・枳殻、調和諸薬の甘草からなります。

陰血不足にやや熱証が加わった便秘に用います。

類法に麻子仁丸がありますが、潤腸湯のほうは、陰虚の程度が強く、皮膚などのかさつきがひどいものに用います。

【治療の現場から】 気虚の症状が強れば、補中益気湯などを合方します。
潤腸湯 老人など虚弱者の便秘で兎糞
腹壁軟弱

※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 習慣性便秘・老人の熱性疾患の回復期・産後などの、陰虚による便秘に用います。

潤腸丸の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.