滋腎明目湯のことなら家庭の中医学。滋腎明目湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  滋腎明目湯 ジジンメイモクトウ
滋腎明目湯:
 滋腎明目湯:
 

滋腎明目湯は、腎を滋養して腎の働きを高めながら、眼の前が明るくハッキリと見えるようになる処方です。四物湯が配合されているのでドライアイに良く使用されます。


日本漢方の効能・・・目のかすみ、目の疲れ、目の痛み

  滋腎明目湯: 処方構成
当帰・川芎・芍薬・地黄各3.0;桔梗・人参・梔子・黄連・白芷・蔓荊子・菊花・甘草・細茶各1.5

  滋腎明目湯: 中医学解説

【効能】 補養気血、清熱明目
【適応症】 体が衰弱したり、年を重ねるにつれて肝腎のカが弱ってきます。その結果、血流が悪くなって眼に栄養が充分に行きわたらなくなり、自のかすみ・疲れ・痛みなどの症状を訴えるようになります。肝血虚、肝気鬱結などの肝の失調は、目に症状が出るといわれ、目が滋養されず、眼精疲労、視力障害、目の乾燥などの症状となって現れます。また、肝と密接な関係にある腎も少なからず影響し、腎虚による老化なども加わって目のトラブルが起きます。滋腎明目湯はそのような人によく使用されます。
【類方比較】 八味地黄丸:腰から下が冷えて重だるく、夜間の頻尿がある人の白内障や視力障害に使用します。
黄連解毒湯:赤ら顔で、落ち着きが無く、高血圧傾向で、すぐに目が充血する人に使用します。
苓桂朮甘湯:水分代謝が悪く、目が疲れると視力が落ち、禁止状態になる人に使用します。
【解説】

血を補う四物湯に補気健牌の人参、甘草の組み合わせにより肝血虚から派生する視力低下、貧血、疲労倦怠および腎虚にも対応します。また、黄連、桔梗、山梔子で上焦の熱をとり、蔓荊子、菊花、細茶、白芷は目の炎症を冷まし、乾地黄で滋陰清熱します。また、利水の灯心革も清熱に協力し、目のかすみや疲れをとります。

【治療の現場から】

服用後、胃もたれなどが出る場合は、参苓白朮散の併用をおすすめします。

【臨床応用】 白内障・眼精疲労・ドライアイ・目のかすみ

滋腎明目湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.