越婢加朮湯のことなら家庭の中医学。越婢加朮湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  越婢加朮湯 中医学処方解説 エッピカジュツトウ
越婢加朮湯エキス顆粒「クラシエ」 90包の画像
 越婢加朮湯
 

「越婢加朮湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「金匱要略」に収載されている薬方です。「越婢湯」に朮を加えたもので、浮腫がひどく、尿量が減少し、尿が出にくい場合に用いられます。


日本漢方の効能・・・口渇、浮腫ひどく尿利少ないものの 次の諸症:腎臓炎、ネフローゼ、湿疹、 関節炎、リュウマチ

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  越婢加朮湯 処方構成
麻黄4.0
生姜大棗白朮各3.0
甘草1.5
石膏10.0

  越婢加朮湯 中医学解説
【効能】 疏風宣肺、利水
【適応症】 越婢加朮湯が適用するむくみは、急激に発生する全身の浮腫と尿量減少で、浮腫は顔面にはじまり全身に及ぶ。皮膚には光沢があり圧すると陥凹するがすぐにもとにもどるもの。初期には、発熱・悪風・咽痛・咳嗽などの表証をともなうことが多い。舌苔は薄白・脈は浮滑。一般的な浮腫・水腫に用いても良い。
【類方比較】 防已黄耆湯:自汗・疲れ易い・舌質淡など衛気虚の症状があるとき
【解説】

越婢加朮湯は風水に対する代表処方です。「風水」とは、アナフィラキシー型アレルギー反応・炎症その他により、全身の毛細管透過性が亢進して生じる浮腫と考えられます。

主薬は麻黄で、体温上昇の状況では発汗作用があり解熱に働き、気管支平滑筋を弛緩して鎮咳し、また顕著な利尿作用をもちます。

越婢加朮湯は主として利尿作用を利用しますが、末梢血管拡張による血管透過性の改善効果や、抗アナフィラキシー作用もあるのではないかと考察されています。

石膏は解熱・鎮静・消炎作用をもち、カルシウムによって血管透過性を低下させ、また発汗中枢を抑制して麻黄の発汗作用をおさえ利尿効果を強めるようす。

甘草・大棗は抗アナフィラキシー作用をもち、諸薬を調和させます。生姜は末梢血管を拡張し、胃腸機能を促進しまた軽度の利尿作用をもちます。白朮は健脾利水の作用があり、組織内の水分を血中に引き込み、排尿によって除きます。

以上のように、血管透過性の改善・抗アナフィラキシー・消炎・解熱・利尿などによって病態を改善するものです。

【治療の現場から】 帯状疱疹でむくみがある場合は竜胆瀉肝湯などを合方します。
湿潤傾向や化膿傾向にある場合は消風散を合方します。
関節が熱感があって赤く腫れてていたらファーストチョイスとして使用します。
口渇があり浮腫がひどく小便がすくないものに使用します
※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 急性腎炎、慢性腎炎急性増悪などで風水を呈するもの。炎症性浮腫、・湿疹・蕁麻疹・帯状疱疹・関節水腫などに用います

越婢加朮湯の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.