薏苡仁湯のことなら家庭の中医学。薏苡仁湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  芎帰膠艾湯 キュウキキョウガイトウ
芎帰膠艾湯
 

「芎帰膠艾湯」は、7種類の生薬から成り、その主薬である川芎・当帰・阿膠・艾葉より1文字ずつとって名付けられました


日本漢方の効能・・・比較的体力の低下した人で痔出血、出血(性器出血)は軽度であり、貧血、腹痛、冷え症の傾向のある場合に用います

  芎帰膠艾湯 処方構成
地黄5.0;当帰・芍薬各4.0;川芎・甘草・艾葉・阿膠各3.0

  芎帰膠艾湯 中医学解説

【効能】 補血止血・調経安胎
【適応症】 血虚の出血に用いる代表処方です。四物湯に阿膠・艾葉・炙甘草を加えたものです。艾葉が入っていますので熱性の物ではなく、冷えによる出血に用います。
【類方比較】 桂枝茯苓丸:痰湿や貧血傾向が少なく、下腹部の自発痛、圧痛がより顕著な場合に用います。(瘀血の証)
加味逍遥散:精神不安、不眠などの神経症状や熱証があって、多彩な愁訴をより強く訴える場合に用います。
当帰四逆加呉茱萸生姜湯:四肢冷感が一層顕著で、腹部、腰部・下肢が痛む場合に用います。
【解説】

芎帰膠艾湯は、阿膠と艾葉で止血します。胃腸は丈夫だが、痔出血、下血、性器出血、腎・尿路出血などがあり、ときに出血による貧血やめまい、顔面蒼白、四肢の冷えや脱力感を伴うもの。女性では、過多月経や不正性器出血などがおきたときにも使用します。

【治療の現場から】

疲れやすい、食欲不振などの症状があれば、補中益気湯などと併用します。

【臨床応用】 痔出血、産後出血、機能性子宮出血、月経異常、腸出血、血尿、貧血、紫斑病、流産ぐせ

漢方相談の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.