薏苡仁湯のことなら家庭の中医学。薏苡仁湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  滋陰至宝湯 ジインシホウトウ
滋陰至宝湯
 滋陰至宝湯
 

滋陰至宝湯は、陰を滋(発熱・炎症による脱水症状などを改善する)し、婦人の「諸虚百損、五労七傷」(『万病回春』)を治す最も重宝な処方という意味から名付けられた処方です。


日本漢方の効能・・・虚弱なものの慢性のせき・たん

  滋陰至宝湯 処方構成
当帰・芍薬・茯苓・朮・陳皮・麦門冬・香附子・地骨皮各2.5;知母・甘草・貝母・薄荷・柴胡各1.5;乾生姜1.0

  滋陰至宝湯 中医学解説

【効能】 疏肝解欝・健脾養血・養陰清肺
【適応症】 慢性的な比較的激しいせきが出て、少量の切れやすい痰を伴うもの。発熱、盗汗、食欲不振、全身倦怠感などを認めることが多い
【類方比較】 五虎湯:咳嗽、喘鳴著明、口渇と発汗が著しい。(肺熱)
麦門冬湯:大逆上気、咽喉不利、咽がイガイガして、反射性の烈しい乾咳。(肺胃陰虚)。
【解説】

滋陰至宝湯は、肝鬱血虚に乾いた咳・少痰・寝汗などの肺陰虚を伴う人に適用します。疏肝解欝・健脾養血の逍遥散に、疏肝の香附子および養陰清肺・化痰の麦門冬・知母・地骨皮・貝母・陳皮を加えたものです。

【治療の現場から】

情緒の変動により体調が悪化しますのでリラックスすること。

【臨床応用】 気管支喘息、気管支炎、神経症など

漢方相談の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.