薏苡仁湯のことなら家庭の中医学。薏苡仁湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  五淋散 ゴリンサン
五淋散
 五淋散
 

五淋とは石淋・気淋・膏淋・労淋・熱淋(『外台秘要方』)又は、石淋・冷淋・膏淋・血淋・熱淋(『三因方』)などを指し、排尿異常を呈する疾患をいう。五淋散はその適用より名付けられました。


日本漢方の効能・・・頻尿、排尿痛、排尿異常、残尿感膀胱炎尿道炎、尿管結石、膀胱結石、腎臓結石、虫垂炎

  五淋散 処方構成
茯苓6.0;当帰・黄芩各3.0;梔子・芍薬・甘草各2.0。沢瀉・木通・滑石・車前子・地黄各3.0を加える場合もある

  五淋散 中医学解説

【効能】 清熱利湿・通淋・涼血止血
【適応症】 慢性的な頻尿、残尿感、排尿痛などがあり、検査でもとくに異常の認められないもの。
【類方比較】 猪苓湯:尿量減少、口渇という症状は同じだが、さらに排尿痛、尿の淋涯、排尿後不快感などがあります。
竜胆潟肝湯:膀胱、尿道、生殖器に急性または亜急性の炎症症状がより顕著である場合に用います。肝経の実火と湿熱。
【解説】

五淋散は、利水の茯苓。清熱利湿・通淋の車前子・沢瀉・木通・滑石、清熱化湿の地黄・芍薬、活血の当帰、清熱解毒の甘草から構成されています。

【治療の現場から】

辛い食事をとらないこと

【臨床応用】 急性・慢性の尿道炎、膀胱炎、腎盂炎、尿路結石の炎症などで、熱淋(膀胱に熱が欝結している状態)となっているもの

漢方相談の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.