女性更年期と漢方治療のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
逍遥散
逍遥散のことなら
ナガエ薬局
 
  女性更年期と漢方治療

更年期障害は、内蔵機能の衰えによって起こる


   
中医学の考え  
精神的原因で起きる  
老化が原因で起きる  
中国の医療事情  
漢方エキス剤のポイント  
女性のための更年期教室  
男性更年期障害と漢方治療  
   
   更年期障害は、内蔵機能の衰えによって起こる

  中医学では、老化によって、「腎」の機能が衰え、そのために「五臓」(腎・肝・心・脾・肺)を中心とする全身の機能活動が限度を超えて衰えたり乱れ、ストレスなどの精神的な刺激が加わってさまざまな症状が起こることを、更年期障害と考えます。
 月経異常の症状ではじまる点では同じですが、その後にどのような症状が現れるかは、腎の機能の衰えがどの臓器の機能低下につながるかによって決まります。また、症状の重さは、その臓器の機能がどの程度損なわれるかによって変わります。更年期障害が腎の機能の衰えによって起こる理由は、誕生から発育、成熟、生殖、老化といった生命活動が、すべて腎の能力に頼っているからです。

 生命活動の原動力のおとろえが更年期障害のきっかけになる

 月経をはじめ、すべての生命活動の原動力となる腎の機能を「腎気」といいます。腎気は、「陰」(物質的要素)である精(腎精)と、「陽」(機能的要素)である気からなります。

 精は生命活動のおおもととなる基本物質で、腎にたくわえられます。もともと両親から受け継いだものですが、この「先天の精」は消耗されて不足するので、「後天の精」で補充する必要があります。後天の精は脾胃でつくられ、原料は飲食物です。精は腎から他の臓器に送られ、加工されたりつくり変えられて、気や血、津液になります。精が十分にあり、腎気が活発になってはじめて、五臓も正常に活動することができるのです。

 49歳前後になり、腎気がおとろえはじめると、まず月経が不規則となり、やがて止まります。同時に、精の供給量が減るので、五臓の機能はおとろえます。しかし、これらは生理的な現象ですから、臓器の陰陽や気血のバランスが調和していれば、年齢に応じて気力や体力が低下することはあっても、病的な症状が現れることは、ほとんどありません。

 ところが、更年期に入る前から陰陽や気血のバランスが限度を超えて失調していた臓器は、精の不足をきっかけにストレスを受けやすくなり、その結果、精神的・肉体的な症状が起こるようになります。更年期に入って突然さまざまな症状を訴える人がいますが、実はかなり以前から、すでにある臓器の陰陽や気血のバランスがくずれているのです。
   
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.