蕁麻疹と漢方のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
補気升陽
補気升陽のことなら
ナガエ薬局
 
  蕁麻疹と漢方

蕁麻疹


   
蕁麻疹
現代医学による蕁麻疹の原因・治療・予防
漢方医学(中医学)による蕁麻疹の原因
漢方医学(中医学)による蕁麻疹の治療と予防
   
1 蕁麻疹
  現代医学では、痒みをともなう赤い発疹が突然現れ、数時間で消えるものを蕁麻疹と診断します。 このとき、皮膚は、真皮の血管が拡張するとともに、血液中の血漿成分がにじみ出た状態になっています。 また、主な随伴症状としては、痒みや局所の熱感のほか、声がれや悪心、気分不快感、頭痛などがあります。
 現在のところ、蕁麻疹の七割は原因が特定できませんが、主な原因としては、
①薬物
②食品(魚、乳製品、大豆製品、パン、ケーキなど)
③食品添加物
④吸入抗原(ほこり、花粉など)
⑤虫毒
⑥物理的刺激 (ひつかき傷、日光、寒冷、温熱など)があります。  蕁麻疹は、原因によって、三つのタイプに分けることができます。
 ①薬物や食品、吸入抗原によって起こる蕁麻疹は、もっともよく見られるタイプです。そのうち、四週間以上続くものを慢性と診断しす。
 ②発汗によって起こるコリン性の蕁麻疹は、運動や入浴、興奮、食事が発病の引き金となります。
 ③物理的刺激によって起こる毒麻疹は、ひつかいたり、日光に当る、冷たい風に当たる、熱に当たる、水にふれるなどが原因です。

Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.