現代医学による蕁麻疹の原因・治療・予防のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
十味敗毒湯
十味敗毒湯のことなら
ナガエ薬局
 
  現代医学による蕁麻疹の原因・治療・予防

症状と検査によって原因を特定して治療を行う


   
蕁麻疹
現代医学による蕁麻疹の原因・治療・予防
漢方医学(中医学)による蕁麻疹の原因
漢方医学(中医学)による蕁麻疹の治療と予防
   
1 症状と検査によって原因を特定して治療を行う
  蕁麻疹の治療は、皮膚症状や随伴症状をもとに行うほか、いくつかの検査を組み合わせて行います。しかし、原因を特定することができない場合は、「食事日記」 のように、日常生活の記録をとり、蕁麻疹の起こるパターンをしぼりこみながら、原因を特定する方法もあります。
 治療薬として最もよく使われるのは、抗ヒスタミン剤です。特に急性の場合は、原因が特定できなくても、アレルギー反応を防ぐことはできるので、かなり効果があります。ただ、人によっては非常に眠くなるので、生活に支障をきたすおそれもあります。また、痺みが強い場合は、かゆみ止めを合わせて使うと効果的です。さらに症状がひどい場合はステロイド剤と、抗ヒスタミン剤や、抗ヒスタミン剤以外の抗アレルギー剤を併用することもあります。

予防は原因の特定から

 アレルギー反応としての蕁麻疹は、原因さえはっきりすれば、予防は比較的簡単です。特にくり返して起こしやすい人は、ふだんから日記をつけたりして、蕁麻疹が起こるパターンを知っていれば、予防しやすくなります。
 慢性の蕁麻疹では、脱感作療法を行うこともあります。

Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.