不妊症と漢方薬のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
鹿茸大補湯
鹿茸大補湯のことなら
ナガエ薬局

漢方相談はナガエ薬局
 
  男性不妊症の漢方治療と漢方薬

男性不妊症と漢方治療

男性不妊の原因   ★女性不妊の原因


男性不妊症
精子異常  
精子の通路障害  
中医学から見た男性不妊
腎陽虚・・インポテンツ・性欲減退・精子の運動能力低下etc
腎陰虚・・手足のほてり・精液不足・性欲亢進・精子数減少etc
肝鬱・・憂鬱・イライラ・怒りっぽい・性欲はあるが気ばっかりあせり勃起力が弱いetc
痰湿・・肥満etc  
   
1 不妊症の定義
  以前、不妊は主として女性側の責任だと考える風潮がありました。しかしながら、西洋医学の進歩によって、不妊症の詳細が明らかになった為に、不妊症は男女双方に原因があり、不妊症の原因が、男性に多いことがわかってきました。また、男女ともこれといった原因がみつからない「機能性不妊」といわれているものもかなり多くの割合を占めているといわれています。

WHO(世界保健機関)によると、男性側に原因があるもの24%、女性側41%、男女とも24%、原因不明11%といわれています。

妊娠適齢な女性が、男性側には異常なく、結婚後2年以上たっても子供ができない、という場合を不妊症といいます。

統計的にみると、避妊をせずに性交渉があれば、新婚夫婦の約9割は2年以内に第1子を妊娠しているそうです。約8割のカップルが1年以内に、1割が次の1年以内に妊娠しているという報告があります。そのため赤ちゃんが欲しくて、避妊せずに性交渉をもっているにもかかわらず、

2年間妊娠しない場合、不妊症の可能性があります。しかし、赤ちゃんを希望していなければ、不妊症と考えないのが普通です。2年間というのは、あくまでも目安です。
2 男性不妊の原因
  男性不妊の原因には、大きく分けますと、
①精子に問題がある場合、
②精子の通路に障害がある場合、
③性交障害(勃起不全など)の3つがあります。
また、射精時の精液の量が十分にないと受精しにくいといわれています。
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.