附子理中湯(扶陽理中)のことなら家庭の中医学。附子理中湯(扶陽理中)の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  附子理中湯(扶陽理中) 中医学処方解説 ブシリチュウトウ
扶陽理中湯
附子理中湯
(扶陽理中顆粒)
 

「附子理中湯(扶陽理中)」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論」に収載されている人参湯に附子を加えた薬方薬です。手足などが冷えやすく尿量が多い人の胃腸虚弱、胃アトニー、下痢、嘔吐、胃痛に効果があります。 


日本漢方の効能・・・慢性胃炎、慢性胃腸炎、胃アトニー症、過敏性腸症候群、慢性下痢胃腸虚弱で血色悪く、顔に生気がない者で、食欲不振、胃もたれ、吐き気、胃痛、下痢傾向がある。手足冷え、尿量が多い、めまい、頭重を伴うことがある

販売、及び製造している代表メーカー

クラシエ,ツムラ


  附子理中湯(扶陽理中顆粒) 処方構成
人参甘草白朮各3.0
乾姜2.0~3.0
附子1.0

  附子理中湯(扶陽理中顆粒) 中医学解説
【効能】

補虚回陽・温中散寒

【適応症】 【脾胃虚寒(脾胃陽虚)】
 中焦虚寒 倦怠無力感・食欲不振・息切れ・声に力がない・味がない・腹がよく脹るなどの脾胃気虚の症候に、腹痛(冷えると増強し暖めたりおさえると軽減する)・口は渇かない(飲む場合には暖かいものを好む)嘔吐・つばやよだれが多い・尿が薄く多量・手足や腹の冷え・泥状~水様便(ときには便秘)などの虚寒の症状をともなう人に使用します。舌質は淡白で胖大・舌苔は白滑・脈は沈遅で無力
【脾胃実寒(寒邪直中・中寒)】
冷たい飲食物のとりすぎや寒冷の環境によって急に発症する、腹痛・嘔吐・下痢(回数多く泥状~水様)・腹部膨満・上腹部のつかえなどの症状。口渇はなく、手足の冷えや顔面口唇の蒼白がみられ人に用います。舌苔は滑・脈は沈緊で遅
【陽虚不摂血】
鼻出血・血便・不正性器出血などがみられ、顔色が白い・息切れ・元気がない・脈が細または虚大無力などをともないます。
【類方比較】 桂枝附子理中湯:附子理中湯に桂枝を加えたものです
【解説】

温陽散寒の乾姜は、中焦を温めて陽気を高揚し裏寒を除く主薬です。

補気健脾の人参は、脾胃の気を補って運化を強め、昇降を回復させると共に補気摂血にも働きます。

甘温の白朮は健脾燥湿によって人参を助け、甘草は益気和中するとともに諸薬を調和します。

附子は、温腎に働くので脾腎陽虚に適します。

附子は、先天、人参湯(理中湯)は、後天の陽を補います。附子で出なければ真陽を補えず、乾姜白朮でなければ、中焦の陽を補うことができません。

【治療の現場から】
附子理中湯(扶陽理中) 脾胃の裏寒

腹部軟弱で、振水音(胃内停水)
※この目標に必ずしもこだわる必要はありません。
【臨床応用】 慢性胃炎・胃十二指腸潰瘍・慢性結腸炎・消化不良症・その他の慢性疾患で、脾胃虚寒の症候を呈するもの。あるいは急性胃炎・急性腸炎などで、脾胃実寒(寒邪直中)を呈するものに使用します。

附子理中湯(扶陽理中)の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.