薏苡仁湯のことなら家庭の中医学。薏苡仁湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  桂枝人参湯 ケイシニンジントウ
桂枝人参湯
 桂枝人参湯
 

「桂枝人参湯」は、人参湯に桂枝を配合したものです。
人参湯は、補気健脾の人参・白朮・甘草と補陽散寒の乾姜からなる典型的な配合です。


日本漢方の効能・・・胃腸の弱い人の次の諸症:頭痛、動悸、慢性胃腸炎、胃アトニー

  桂枝人参湯 処方構成
桂枝4.0;人参・甘草・朮各3.0;乾姜2.0~3.0

  桂枝人参湯 中医学解説

【効能】 辛温解表・益気健脾・温中散寒
【適応症】 主として、胃腸平滑筋の蠕動亢進による腹痛・泥状便に適しますが、冷えによる頻尿などにも用います。 補陽散気の桂枝を配合した本方は、更に温中散寒・止痛・補陽の効果が強化され、陽虚により適した方剤となっています。本来は、表症に謝って下剤を用いたために、下痢と心下痞を生じた状態に用いられます。
【類方比較】 桂枝湯:自汗のあるような体力的に虚弱で消化機能が弱く、頻繁に風邪を引く傾向の人に適しています。
【解説】

桂枝人参湯は、人参・白朮・甘草で消化器系の機能を強めて栄養物の吸収を促進し、抵抗力をつけると同時に、乾姜で消化管の血行や 脳の興奮性を高めてこれを補佐し、腹中や全身を温めます。 食欲や元気がなく、腹や四肢が冷え、泥状便や腹痛などを伴うものに用います。

【治療の現場から】

腎陽虚が明らかであれば八味地黄丸を合方します。人参湯に通陽の桂枝を配合してありますので、脾陽虚に適用します。

【臨床応用】 慢性胃炎・胃十二指腸潰瘍・慢性結腸炎・消化不良症・その他の慢性疾患で、脾胃虚寒の症候を呈するものの感冒や身体の痛み。あるいは急性胃炎・急性腸炎などで、脾胃実寒(寒邪直中)を呈するものに使用します。

漢方薬の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.