柴苓湯のことなら家庭の中医学。柴苓湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  柴苓湯 サイレイトウ
柴苓湯
 柴苓湯
 

柴苓湯は、小柴胡湯と五苓散の合方であり、両方の処方から一文字ずつ取って名付けられた処方です。


日本漢方の効能・・・吐き気、食欲不振、のどのかわき、排尿が少ないなどの次の諸症:水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ

  柴苓湯 処方構成
柴胡6.0;半夏・沢瀉各5.0;生姜4.0;黄芩・大棗・人参・猪苓・白朮・茯苓各3.0;甘草・桂枝各2.0

  柴苓湯 中医学解説

【効能】 和解半表半裏兼解表・利水
【適応症】 胸脇苦満、尿量減少、浮腫、蛋白尿などがあるもの。食欲不振、悪心、口渇、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、めまい、微熱などを伴うことが多く、心窩部の振水音を認めることがある
【類方比較】 五苓散:口渇、尿量減少などはあるが、排尿痛、血尿などがなく、むしろ頭痛、めまいなどの症状を呈する場合に用います。
【解説】

柴苓湯は、和解半表半裏の通暢少陽枢機の小柴胡湯と利水の五苓散を合わせたもので、半表半裏証や少陽枢機不利で浮腫・下痢など水湿が明らかな場合に使用します。、

【治療の現場から】

情緒の変動により体調が悪化しますのでリラックスすること

【臨床応用】 水瀉性下痢、急性・慢性胃腸炎、慢性肝炎、肝硬変、慢性腎炎、ネフローゼ、浮腫など

漢方相談の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.